カテゴリー別アーカイブ: 旅の持ち物

好事魔多し

imageこのひと月はトラブルもなくのんびりと過ごしてきましたが、良いときほどトラブルは音もなく忍び寄って来るのです。明日に出発を控えバイクのエンジンをかけようとした時に魔物はキバを向きました。

カシュンカシュンといったきりエンジンはかかりません。少し前から調子が少し悪かったのです。僕はそれを見逃していました。バイク屋で点検したはずなのに・・・経験不足が招いた失敗です。 続きを読む

最強のTシャツ『トリカゴTシャツ』砕ける

IMG_6877少ない数の Tシャツで旅するバックパッカーの過酷な旅を想定した堅牢 Tシャツと謳われた僕のお気に入り。それは6.5オンスのUSAコットンを使用し、日本で縫製された抜群の耐久性。特許出願の隠しポケットはこれまで見破られたことがない防犯性を発揮します。僕の旅を支えてくれています。そのTシャツの名は「トリカゴTシャツ」。袖口と裾に鳥かごのデザインをあしらっただけの主張のないデザインはどこの国でも着ることができるのです。 続きを読む

キャンプ道具たちの感想

北米の旅を振り返って

スクリーンショット 2015-09-19 21.54.20何から何まで初めて尽くしの北米の旅は経験の連続でした。とにかくやってみなければ始まらない状況で日本から持ち込んだ道具が思った通りに働いてくれるのか不安の中でのスタートを切りました。結果としては上々です。やはり日本製のものはその性能を遺憾なく発揮するのだと改めてメイドインジャパンの凄さを知ることになりました。海外製品も使いましたが日本のアウトドアショップのメガネにかなうだけのことはありました。アラスカ、カナダ北部からアメリカの砂漠まで気温差、湿度の異なる環境下で安定した性能を発揮してくれた道具たち。使用中に感じたことや使いごごちなど僕の主観で書き連ねてみました。 続きを読む

アウトドアショップ紹介 アメリカ REI

前回のカナダMECに続き今回はアメリカのREIです。日本ではレイの店として有名です。こちらではアールイーアイとアルファベット読みされています。大抵の大きな町にはこの店があってストーブ燃料のアルコールを買いに行っていました。

アラスカフェアバンクス、アンカレッジでは無税だったので大きすぎたコッヘルを小さいものに買い替えたり、防水バックを購入しました。

IMG_2813写真のお店はサンディエゴです。どこもだいたい同じ品揃えで特徴らしいものはないのがいかにもアメリカらしいなぁと思います。裏を返せばアメリカ中どこでも同じものが買えるのはすごいですね。 続きを読む

アウトドアショップ紹介 カナダMEC

カナダ、アメリカでは随分とアウトドアショップのお世話になりました。見るだけでも楽しくて見慣れない商品を手にとっては使えるかどうか吟味するのはたまの楽しみとなりました。

IMG_1957カナダはMEC。皆さんメックと言っています。土地柄かカヌー、クライミング用品が充実していました。オリジナル商品も豊富でドイツから来たサイクリストはここでキャンプ用品を揃えていました。

バンクーバーのお店を紹介します。ノースバンクバーにあるお店はウインドベルさんからほど近く歩いていくことができます。僕はここで100リットルのバックを買いました。旅の途中で荷物が減っていったので処分してしまいましたが、耐久性も十分で防水機能もバッチリでした。 続きを読む

バイクが壊れた原因は1 海外でのトラブル対応

image6月11日ことの発端は僕がバイクで立ちゴケをしてしまったことから始まりました。エンジンがかからなくなりショップに持ち込んで点検をしている時にエンジンのトップカバーの中にあるカムにネジが挟まっていたことがわかってから面倒なことになり始めました。

 

 

続きを読む

フィリピン留学19週目 実践英語でスラムを行くの巻(英語には関係ありませんけど)

imageimage昨日の記事に書いたナボタス墓地に行ってきました。かなり遠かったのですがアリスとカレンの協力で着けました。

概要は昨日の記事を読んでいただければと思います。 続きを読む

旅の装備 食べる 暮らす ガジェット くつろぎ

旅の装備2回目です。今回は「食べる」から

IMG_3249「食べる」ことは大切です。お三度をきっちりと摂るために準備した装備です。
左上からフライパン、ニコちゃんカップ、焼き網、シェラカップ、コッヘル、ヤカン、カップ、ガソリンコンロ、食器洗いボウル、浄水器、まな板、カラトリー、コイル湯沸かしです。 続きを読む