カテゴリー別アーカイブ: カナダ

旅の終わりと次の旅の始まりと

IMG_2848これまでの旅には始まりと終わりがありました。日本の空港に着くたびに僕の旅は終わり、新しい旅立ちまでの期間がありました。日常が戻り何事も起きなかったかのように毎日が続きました。今回の旅の始まりはいつもと同じ東京でした。でも到着地はサンディエゴ。ここまで18000キロ、ほぼ毎日移動する旅でした。たどり着いたサンディエゴは確かに一つの旅が終わったことを僕に実感させました。サンディエゴの友人宅に夜遅くに到着した時、友人は僕を何度もハグしてくれました。温かいシャワーとビールにありつき、再会を喜び合いました。 続きを読む

アウトドアショップ紹介 カナダMEC

カナダ、アメリカでは随分とアウトドアショップのお世話になりました。見るだけでも楽しくて見慣れない商品を手にとっては使えるかどうか吟味するのはたまの楽しみとなりました。

IMG_1957カナダはMEC。皆さんメックと言っています。土地柄かカヌー、クライミング用品が充実していました。オリジナル商品も豊富でドイツから来たサイクリストはここでキャンプ用品を揃えていました。

バンクーバーのお店を紹介します。ノースバンクバーにあるお店はウインドベルさんからほど近く歩いていくことができます。僕はここで100リットルのバックを買いました。旅の途中で荷物が減っていったので処分してしまいましたが、耐久性も十分で防水機能もバッチリでした。 続きを読む

Rock climbing 日本語版は下の方にあります。

I tried to Rock climbing.
imageHideo-san took me a mountain with his friend at 5 am this morning. They have a lot of gears for climb rope, helmet and etc. Hideo-san began climb the wall so quickly in front of us. Then he said, your tern Hideki. He tided rope on my hip and said “here we go”.
I was started climbing but stuck on the wall soon. I knew that they keep my safe but my legs shaked I afraid that I failed down from wall. 続きを読む

Scarecrow Farm B&B

imageimageThis B&B also have camp site, I know many campground but here is the vest camp site, Acutely, they have it but I recommend cabin, It’s only one cabin and it’s simple house, There is not bed, good fainter but you can feel confutable. There is some reason, one cheap $25 pre one night, I think not so cheap but they give us shower and juggzzi and owner who are Peter and Tweazle so much nice, kind to costumer. I love here very much and if you visit McBride BC in Canada I really recommend you here, 続きを読む

よろず走り書き4

あんまり好きじゃないかも
image鳴り物入りで迎えたジャスパーバンフの旅。まさにカナダのハイライトというべき場所・・・のはずだった。でも来てみてがっかりというかあんまり好きではないと感じてしまったのは、車と人の多さ。車は列を作りえらく飛ばしている。カナダ人の運転はそれほど悪くないと思っていたが、団体になるといけない。闘争心に火がつくのか抜きつ抜かれつを繰り返しながらまるでレースでもしているような速度でぶっ飛んで行く。90キロで走っている僕があっという間に抜かされるのだから彼らの速度は130は出ているだろう。何もあんなに急がなくても景色を見ながら走ればいいものをと思ってしまう。V8のトラックにトレーラーハウスをくっつけてさらに自転車などを満載してかっ飛ばす彼らの急ぐ先はキャンプ場であったり町のホテルだ。彼らは自分の家の生活をそのまま持ち込んで遊ぶので途中の行程など眼中にないのだろう。こちらはバックミラーが気になって景色どころではなくなっているのを少しは理解してもらいたいものだが、ガンガンと煽られてタジタジとなる。彼らが5台を超える列を作ってやってきたときはハァとため息が出るようになってしまった。 続きを読む

ひと月を振り返って

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先月の下旬に出発した僕の旅はひと月が経ちました。アラスカに2回行き、カナダには3回入りました。大地に寝ていると自分の中の野生が目覚めていくのがわかります。それと同時に人と話すことの楽しさもわかってきました。白人と話すときに感じていたコンプレックスはすでになくなりました。英語が上手になったわけではないと思うのです。フィリピンにいたときの方がよほどいろんなことを話していたように感じます。人の声が自然に耳に入るようになったというか彼らの話がゆっくりと聞こえてくるのです。わからないことを聞き返し、それの意味はこういうことと聞き返すのがなんでもないことになりだしています。おそらく僕は自然に話しているのでしょう。 続きを読む

よろず走り書き3

豊饒の源

imageアンカレッジから東へ100マイルほど走ったところに氷河がある。全長40キロにも及ぶその流れの先端に行くことができる。目の前に白い棚が見えた。脇道に入り氷河の先端に向かう。足元はすでに氷になっていて石がうっすらと乗っかている。透けて見える大地は紺碧の青で染まっていた。その先の白い壁に向かう、日の光にその蒼さを一層鮮やかにした氷河の表面はざらざらとして不揃いの氷がジグソーパズルの様に絡み合って形作られている。ひとかけらつまみ出そうとするが少しグラつくだけで取れない。思いきり叩くとポロリと落ちた。口に入れるととても硬いのが分かる。何百年か何千年の時を経て先端まで押し出されてきた氷はいつのものなのだろうか、まったく砕けることなく渋みのない透き通った味が口に広がった。 続きを読む

世界一のブルーベリーパイ

imageカナダの西海岸の北の果て、プリンスルパートにあるCow bay cafe というレストランがある。ここのブルーベリーパイときたら信じられない美味しさで、一度食べたらその味を求めて飛行機で11時間かけ、さらにグレイハウンドに36時間揺られてもまた行きたいと思わせる味だった。 続きを読む