カテゴリー別アーカイブ: アメリカ

バカで自由で愉快な友達

真夜中のスケートボード

IMG_0976静まり返った公園にコトコト、カタカタとタイヤの音が響きます。深夜のスケートボードパークで遊ぶ50歳のおっさん二人は汗びっしょりになりながら何度もスロープを下ります。ブレイクは爪先から血を流し、僕は手のひらがズキズキと痛みます。さっき転んだときに思いっきり打ち付けてしまったのです。それでもスロープを斜めに横切るときドキドキはまるで子供に戻れたかのようです。もっとも側から見ればノロノロと滑る二人のおっさんが奇声を張り上げて喜んでいる姿は不気味に見えて誰も近寄りたくなかったとは思いますが。 続きを読む

ラスベガス滞在

ラスベガスにて

まずはホテルべラジオの噴水をどうぞ

 

IMG_4798アーケードを行くと若い日本人女性がいます。何やら募金を募っている様子。声をかけられ止まります。彼女は少女買春を食い止めるNPOのメンバーでした。僕はなぜこの町なのかその理由が知りたくなりました。だってここはラスベガス誰もが知っている歓楽街です。買春を生業とする人たちも当然いるでしょう。いわゆるプロの売春婦です。映画やドラマにもなるほど認知度があるのです。善悪の問題、合法であるかどうかは別にしてこの街を支える一つのビジネスになっています。ラスベガスの郊外を見ると平均的な家が立ち並ぶ住宅街があります。所得が安定していることが伺えます。また交差点にはお金を乞うホームレスが点在します。得てしてホームレスの多い町ほど貧富の差は少なく雇用も十分にあったりします。収入が生まれれば教育も受けることが可能なはず。それを日本人がわざわざこの町でNPOまで立ち上げて買春を防止する活動をするのが不自然に思えたのです。15歳から18歳の少女たちによる買春組織があり、悪い男から逃れられなくなっている少女を救いたいと熱く主張します。精神的に弱い少女達にたくみに近づきやがて買春をさせる構図を撲滅したいんですと力強く言っています。そのためには教育が重要で私立の学校で啓蒙活動をするための募金を募っていると説明してくれました。 続きを読む

Route 66

IMG_4555 IMG_4420 IMG_4532

 

 

 

 

Route 66, dotted with mom and pop businesses, neon signs, and eclectic roadside attractions tells the story of America’s historic more West. The creation of this 2,448-mile “super highway” in 1926 linked together small communities across eight states providing a new-found freedom to early travelers. 続きを読む

キャンプと施設と男と女

ホースシューベント

IMG_4215IMG_4216車を降りてどんどん歩きます。崖から下を覗くと股間がキュンと縮まるような絶景が広がります。風を受けながら景色を眺めていると周りの声が消えてなくなりました。豆粒のようにしか見えない谷底を走るカヌーやボートの音が聞こえるかのようです。五感が広がり、とろけていくような感覚が身体中に広がります。コロラド川が削り取った断崖の底をカヌーやラフティングボートで下り、キャンプをしながら旅ができたらどんなにいいでしょう。水に入れた手が滑らかに水面を切っていく感覚を長い間味わっていません。こんな乾いた大地でそれができるならもう一度戻ってきたいものです。いつかきっと。 続きを読む

アンテロープキャニオン

IMG_3864 IMG_4022 IMG_3883

 

 

 

 

雨が作った自然の造形美とはこういう事をいうのだと実感できる場所でした。ここはガイドがついて案内してくれます。ガイドがパノラマ写真を利用した素敵な写真の撮り方を教えてくれました。初めてそんな撮り方があったのだと知った僕は夢中で写真を撮りまくりました。景色がとても素晴らしいだけでなく新しい撮り方を会得したい気持ちも強くありました。それを彼女たちは不思議に思ったのかもしれません。僕があんまりにも写真を撮るものだから笑われてしまいました。 続きを読む

モニュメントバレーで答え方を知る

IMG_3760「どうやってこんなのができたんでしょうね〜」とサエコさんが誰に聞くともなく言いました。僕は答えようか迷った時、トモさんが「ホントにぃ」とだけ言って頷いています。この時二人の会話が完全に成立して終わっている事に僕は仰天しました。

続きを読む

旅は道ずれと言いますが道連れの意味が

IMG_3503旅は道ずれと昔から言います。情報もなく旅先に知人もいない。そんな旅には大きな不安が付きまといます。同行者がいるということはとても心強く感じられるのです。毎日狭い車内でひたすら走るだけですが悲喜こもごもがあってとても楽しいのです。すべてが上手く運ぶわけではありません。でもそれがまたとてもいいのです。

 

 

続きを読む