フィリピン留学6週目 先生が変わります

ずっとカランを教えてくれていたJoyが辞めることになりました。大好きな先生だったのでとても残念です。彼女のことを思えばそれが一番だとわかっています。ただ一つの心残りはカラン1を完璧にしてJoyを喜ばせてあげたかったのにそれができなかったことです。まったくダメダメだった僕のレスポンスをここまであげてもらえたのは彼女なくしてはあり得ませんでした。

ありがとうJoy。早く良くなって帰ってこれるように祈っています。

来週から先生が変わることになりました。今度の先生も評判の良い先生です。どんなレッスンになるかわかりませんがきっといいレッスンができると思っています。早速宿題も出ました。頑張ってやっておかねばなりません。

アメリカンアクセントのレッスン
内容は変わりません。少し向上したので合格をもらいましたが、少しでも練習を怠ればすぐに戻ってしまうことは明らかなので、地道に反復するしかありません。
いつまでも停滞するわけにもいかないので「r」サウンドに進みました。日本人が苦手とするサウンドのはずですが僕はできていると言われました。このところ随分と舌の動かし方を練習してきたのでその効果があらわれたのかもしれません。
寂しさと出会いと
これまで一緒に勉強してきた人たちがぞくぞくと帰られてしまいます。なんだかすごく寂しい気持ちですが、これもまた仕方のないことです。
でも新しい人がぞくぞくと到着されています。春休みになり学生さんも増えるようです。新しい出会いは僕に何かをもたらしてくれるでしょう。
ほんの数日から1ヶ月単位で生活を共にしてきた仲間が去り、また新たな仲間が増えそうです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です