フィリピン留学5週目 ティーチャーマネルの娘さんの誕生日会への巻

フィリピーノ

Joyが体調を崩してしまいお休みです。代わりにYsaが教えてくれることになりました。彼女と相談してよりナチュラルなしゃべりを目指すことにしました。課題の「スムーズに」は非常に難しく、感情を入れて喋ったり、情景を思い浮かべながらナチュラルに話ことは簡単ではありません。リラックスするように努めます。日本語でも感情をあまり表さない僕にとっては英語のサウンドはシラフで人前で歌うのに等しいくらい大変な作業です。

Ysaもまた我慢強く繰り返してくれます。先生が変わったことで緊張感が生まれます。彼女は本だけにこだわらず、いろんな単語を入れ替えながら繰り返してくれるのでボキャブラリーも増え、センテンスの使い方にも幅が出てきます。明日も彼女のレッスンなので少しずつ良くなるように頑張ります。

アメリカンアクセントは難しいチャプターに突入したので進みませんが、毎日練習しているので少しずつ言えるようになってきました。
アリスとのレッスンでは会話を多くして、いろいろなトピックにについて話をしています。今日はローマ法王さんの話しからパリのテロまで幅広く話すことができました。文法の間違いや言い回しを丁寧に直してくれます。発音も厳しくチェックされるのでとっても楽しくためになるレッスンに変わりました。

今週は今の状態を維持しながら、今後の方向性を模索していくつもりです。
誕生パーティーに招かれる

image

マネルの娘さんの誕生日会に招かれました。学校から40分ほどのところにあるマネルの家に遊びに行きました。娘さんの1歳の誕生日です。手ぶらでは申し訳ないのでオムツを買って行きました。ゆかりさんがオムツでケーキを作ってくれました。ボンちゃんややすこさんも一緒に手伝ってくれます。できあがったケーキはまさにケーキ。とっても可愛いプレゼントに変身しました。

 

imageimageimage

 

 

 

 

フィリピンのお祝い事にはスパゲティーとチキンがつきものです。旦那さんが作ったスパゲティーはとっても美味しくておかわりしてしまいました。親兄弟、おじいちゃんおばあちゃん、近所の子供が集ってパーティーの始まりです。彼らは皆親切に僕をもてなしてくれます。歌や子供のリトミックなど楽しいひと時を過ごすことができました。
旦那さんはなかなかの男前、とっても優しそうなナイスガイです。なんとマネルの初恋の人だそうです。彼女は最初で最期の人だと言っていました。聞いているこちらが恥ずかしくなってしまうようなことを素直に口に出せるのはいいことだと思います。

こんな経験は滅多にできるものではありません。招いてもらったことにとても感謝しました。近所を散歩してあちこち見て回ります。興味深いものがたくさんありすぎてついつい夢中になってしまいました。戻ってみるとマネルが真顔で心配してたよと言っています。警察に連絡しようかと思っていたというではありませんか。心配させてしまって申し訳なかったなぁと反省です。僕は年はとっていますが、彼女にとっては出来の悪い生徒が心配でしょうがなかったようです。そんな心配をよそに僕が撮ってきた写真が最初にあるサムネイルです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です