フィリピン留学4週目  滞在1ヶ月で英語は伸びたのか?

明確にわかりませんが、伸びてはいると思っています。ただ、あまりにも毎日毎日新しい情報が入ってくるので混乱しています。これまで喋れたことが出なくなったり、あれ?これってどっちだっけと考えてしまうことが多くなりました。もう少し喋れそうなのにうまく言葉が出ないことが重なります。

果たして1ヶ月の成果は?振り返ってみます。カランについて(レスポンスよく流暢に話せるようにするためのレッスン)

当初、レベル2の教科書を使用していました。僕には少しレベルが高いように感じて1週間ほどでレベル1に下げました。
理由は
文章の内容が分かっても、常に頭の中で翻訳しなければわからない状態だったので、練習になっていないと思った。
ワンセンテンスが長く、1回で質問内容を英語で理解できなかった。
時間の割に進まないので喋る時間が少なすぎて訓練になっていない。

レッスンの進み具合
判断は正解でした。知っていることと出来ることには大きな差があります。3週間をかけて簡単な文を繰り返しました。何回も1からやり直し、レスポンスと正しく答えられるようにすることに専念しました。まだ英語に口が慣れていないので発音と流暢に答えることはあえて捨てました。
もともとの文が簡単なので理解は難なくできます。正しさがいけませんでした。冠詞、複数、前置詞が抜けまくり、間違えまくりです。それは聞き取りにも発音に影響していました。言えないので聞き取れないの繰り返しです。

先日、なんとか最後までたどり着けました。当初思っていた結果とは程遠い状態です。正直もう少しできるかもしれないと思っていました。これで基礎的な訓練が足りていないことが明らかになりました。

今後の進め方
Joyと相談して引き続きレベル1を使って練習を続けることにしました。内容はほぼ覚えたので発音と流暢さにフォーカスしていきます。

マスタリングアメリカンアクセント(発音の仕方とリンキングのレッスン)
発音のレッスンは初めて受けました。これまで覚えてきた発音はかなり間違えていました。気がついてはいましたが、よくこんな発音を友人のブレイクは理解していたなぁと驚きました。そのくらい僕の発音は間違えていました。
基礎となる母音15種類をかなり練習しました。それでも1度ついた悪い癖はなかなか直りません。口や舌の形や位置の間違えを直さなくてはなりません。発音できない音もあります。それでも舌や口の使いがうまくいきません。こればかりは毎日の練習以外なさそうです。

レッスンの進み具合
現在は主要な母音が終わり、子音との組み合わせとリンキングに入りました。いよいよ本格的なアメリカンアクセントの始まりです。単語では発音できてもセンテンスでのリーディングはかなり大変です。現在練習三日目でも発音がうまくいかないセンテンスが随分とあります。ボイスレコーダーを使い、自分の声を何度も確認しながら進めています。

今後の進め方
これまで通り同じレッスンを2回づつ受けながら進めていきます。進歩はゆっくりですが一つ一つ確実に進める方が僕には合っていそうです。
全体を通して
明確な伸びを感じるには至っていません。発音はずいぶんましになったと言われますが、まだ自分で実感できるほどではありません。
読むスピードは来た当初より多少良くなった程度ですが、テキストをスラスラ読めているので若干の伸びはあったと思います。リスニングについてはかなり伸びたのではないかと思います。かなり聞き取れていることを実感しています。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です