フィリピン留学4週目 何が起こったんだ???の巻

Huh? What’s going on?

昨日まであれほど苦労していたカランのレッスンに変化がでました。レッスン100あたりで全く進まなくなってしまっていたのに今日はすんなり最後まで終わってしまいました。Joyも驚いていましたが、一番驚いているのは僕自身です。あれほど覚えられなかったセンテンスやとても話しているとは言えないほどつかえていたセンテンスが出てきます。新しいレッスンに進んでも3回も繰り返すと見る間に言えるようになります。

話しながら気をつけるべき冠詞や三単現のSのことを考える余裕があります。Joyの質問も明確に聞こえてきます。まるで言葉遊びをしているかのようにレッスンが進みます。Joyからは「グッドジョブ」「ネクスト」「スイッチ」とテンポよく合いの手が入りました。本の中からランダムに質問を始めましたが、不思議なことに全部答えることができました。最後は本を閉じてガンガン質問をされましたがオールクリアです。レッスンが終わった時、Joyに拍手してもらえました。

後から気がついたのですがJoyはテキストの内容を覚えていました。途中から本を閉じて質問をしだした時に僕のできなかったセンテンスを次々に出してくるのです。似たような文章も多いのですがそれでも軽く500以上はあるセンテンスの中から僕のお気に入りの(苦手な)センテンスをすべて出していました。今日も先生の能力に脱帽です。
目標を振り返ってみます。

カラン
Srage1は1時間で60lessonを終わらせること
Stage2は1時間で40lessonを終わらせること
イントネーションに気をつけること
冠詞、複数を忘れないこと
うまく言えないセンテンスは文法的に間違えないようにすること

イントネーションを抜かす目標を概ねクリアできました。

まだまだ流暢にはほど遠い状態ではありますが第1段階はヨシとすることにしました。何よりJoyが喜んでくれたのが1番です。

自分で感じ取れない変化はまだあります。発音のレッスン中、自分では全然ダメだと思っているのに「ネクスト」と言われます。「・・?」と顔を見ると「なに?」って感じで先生もこちらを見返します。「今のできてなかったでしょ?」と聞くと「できてるわよ」と言っています。それでも怪訝そうな顔をすると「今日は珍しくできているわね、私はハッピーよ」と言われます。リンキングについてもやり方を教えてくれと頼むと「もう出来ているじゃない」と言いいます。まったくもって・・・???しか付きません。自分で言っていることが正しいかどうかすら分かっていないのに出来ていると言われると違った意味で混乱してしまいます。
昨日言えなかった They weren’t certain that the Earth circles the sun.もすんなり言えました。いったいぜんたい何が起きているのか?今日だけのことなのか?パチンコと同じでたまたまということもあるので喜ぶことすらできません。

 

無料健康診断はうれしいサービス

今日は無料の健康診断がありました。海外での体調管理は気をつけていても不安なものです。EBではドクターと2人のアシスタントが来てくれます。アシスタントの一人は日本人なので英語が苦手な人も安心して受診することができます。簡単な処方もその場で出してくれるので助かります。血圧を測ってもらいました。正常値だったので一安心です。

こうしたサポートを受けることができるのは日本人経営の学校の大きなメリットと言えます。中高年の留学生にとってはうれしいサービスです。並んでいると若い子にどこか調子が悪いんですか?と聞かれます。血圧を測ってもらうんだというと笑われてしまいました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です