フィリピン留学3日目

image今日はアゴ、ほっぺた、口の周りとにかくそこいらじゅうが筋肉痛です。顔が筋肉痛になるなんて!慣れない発音の練習は顔のダイエットになることが判明しました。もう食べるのも嫌なくらい口が疲れました。まだまだぎこちなくて途切れ途切れの喋りも口の動きが良くなればきっと良くなると今は信じています。

 

発音のレッスンについて
発音のレッスンは驚くほどの効果が体感できます。発音の違いを理解することでここまでヒアリングが良くなるとは思いませんでした。先生が例文を読むスピードを上げても90%くらい聞き取れていると思います。聞き取れなかった単語を聴き返すのがとても楽になりました。母音の訓練をしただけでここまで劇的に変わるとは思いもよりませんでした。ただし、これには訳があります。同じ母音を繰り返して使用できるように単語が配置されている例文を読んでいるからです。それでも聞き取りと発音が変わるのを体感できるのはスゴイことだと思います。
これから子音のレッスンを受けていったら!!!と勘違いしそうなくらいです。

先生のレベルについて
数回のレッスンを受けただけですが彼らが受けた教育のレベルの高さがわかります。相当勉強した人でなければ人に教えることができないことは前職で苦労したのでよくわかります。教える基本となる彼ら自身のスキルがとても高いことを実感できます。
彼らは教え方がとても上手です。僕がつっかえる場所とその原因を的確に把握します。すぐに単語と単語の繋げ方や、抑揚、発音のコツを教えてくれます。同じ間違えを何度も訂正してくれます。正しい方向に導いてくれているのがわかります。僕の希望にも快く応えてくれます。レッスン中に教え方を修正していけるスキルの高さには驚きました。

レッスンを受けるにあたって意識していること
習う側にもスキルが必要であると感じました。先生のスキルを最大限生かす習い方があるように思えます。以前英語を学ぶ目的について明確にしておいたほうがいいと書きました。これには二つの意味があることに気がつきました。自分自身の明確な目標と学習方法に対する向き合い方です。

先生と互いに良い部分を引き出し合いながらレッスンを進めることはとても大きなメリットになります。そのためには自分が何を学ぶべきなのかレッスンごとにしっかりと認識しておくこと。もう一つは教えてくれる先生のスタイルを早めに見極めて学習の方向性を互いに認識し合うことです。
彼らはプロですから生徒の要望を理解すれば自分の最も得意とする方法で教えようとします。僕のように学習方すらあやふやな人にとっては違う学習方に出会う良いチャンスになると思います。僕は同じ内容のレッスンを2人の先生から教わっています。2人はアプローチ方法が違います。一人の先生では十分に理解できなかったことをもう一人の先生の説明で理解できています。習い方を少し変えるだけで効果が上がります。おそらく一人の先生でも自分の習い方を変えることでより理解が進むのではと思います。

先生も人の子です。こちらが落ち込んでしまえばレッスンに手加減が入ります。誰でも手加減なしのメリケンパンチを鼻っ面に食らえば意気消沈してしまいますが、それに負けずにドンドン食らいついていくことで、先生のやる気もきっと出るんだと思います。3日目にしてすでに顔面ボコボコ、鼻血ブー、目尻は青タンですが学習効果は自分でも驚くほどです。

クリスマス会
クリスマス会に誘われました。学校で行われるパーティーです。先生たちもとても楽しみにしている様子です。
フィリピンではクリスマスの準備が9月ぐらいから始められると聞きました。街も活気付いています。プレゼントの交換会やくじ引きなどもあるようでガラにもなく楽しみになってきました。クリスマス会なんて久しぶりです。早速今日近くのモールでプレゼントを購入してきました。包装があまりにチープなのでちょっとだけそれっぽく、メッセージカードを添えてみました。

金曜日にスピーチが・・・
金曜日にみんなの前でスピーチをしなければなりません。すっかり腰が引けてしまって何を話せばいいのやら、ホトホト困り果てています。先輩留学生の女の子には20分は話さないといけないと脅かされ、ビデオを撮ると言われてしまいました。いったいどこまで恥をさらせばいいのやら。これからスピーチを考えなければなりません。

動画の準備はできたけど
先生とのレッスン風景を短い動画で記録しました。自分の発音の練習のために撮ったのですが非常にわかりやすく、いいビデオなのでアップしたいのですが、先生にまだ許可をもらっていないのでそのうちに!

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です