とっても頼りになる2人のアドバイザーの紹介2

不思議なことに2人が勧めるモノがかぶることが多かったのは偶然でしょうか?スタイルの違いはあるにせよ2人の共通点は自分が使ったことをきちんと説明にフィードバックされていること、商品を購入した人からしっかりと感想を聞き、自分の知識と照らし合わせ、判断しているとこです。でも一番はとても正直なことでした。ある下着メーカーの話で二人の意見は全く違っていました。僕はそれを勧めた理由を聞くとともに「悪い話はないの?」と聞いてみました。すかさず「あります」と答え、それを購入したお客さんの話をしてくれました。その話を聞き僕は納得しました。使い方の違いを理解できたからです。正直に説明してくれるということは当たり前のようで実はとても難しいのです。驚くことに二人は僕に全く同じこと言いました。「いい加減なことは言えません。だってもしもの事があってはいけないんです」この時の彼女たちの顔はキリッとしてとても頼り甲斐があるいい顔をしていました。

あえて僕の意見を言うと。ノースフェイスというブランドに僕はあまり魅力を感じていませんでした。あまりに有名になりすぎて万人受けする製品ばかり作るようになってしまったと思うからです。盟友であるパタゴニアもしかりです。けっしてこのメーカーの製品が悪いというのではありません。でも、最近新興めざましいアーキテリクスやマウンテンハードウェアなど、冒険を厭わず自社の信念を持って製品を出してくるメーカーのほうが賛否が分かれても魅力を感じます。厳しい自然環境で必要とされる道具は人により違いがあって当たり前です。だからこそこだわりを持って作られる製品こそが必要だと思うし魅力を感じるのです。

僕は2人の言葉の端々に同じ匂いを感じました。
青木女史はキチンとこだわりを持っていて、それを伝えてくれます。「多分辻さんには合わないと思います」とハッキリ言うので「なぜ?」と質問をすると明確にその理由を教えてくれます。それは彼女が僕の話をすべて覚えていてくれて考えてくれた証です。ときたま、いたずらっ子のように声を潜めて「これなんですけど、きっといいと思うんですよね私」と濡れた瞳でじっと見つめて「これ絶対いいんだからあなた使ってみてぇん」と無言で訴えてくるのでアッチッチとしどろもどろになってしまします。
上山さん(女史とあえて言わないのはもっと伸び代があると思うからですよ)は経験こそ浅いものの在庫している商品をかたっぱしから教えてくれるのです。きっとウロウロしながらしっかりと観察しているのでしょう。僕の要求に応えるべく一生懸命さが伝わって来るのです。なぜそんなことがわかるかって?それはドライフードのことを話している時でした。彼女は「さっきこれ見つけて、おいしそうだなぁって思ったんですよ」ってボソッと口を滑らせました。棚の下の方、しかも端っこにそっと置いてある小さな袋を目ざとく見つけるなんてウロウロキョロキョロしている証拠です。あわてて「これおいしそうですよねー」と言っていましたが僕にはちゃんとわかったんです。

装備はほぼ揃いました。実際に使用してかなり酷使してみました。結果は満足のいくものです。これだけの物を揃えて失敗がなかったと思えるのは青木さん、上山さんのおかげです。
彼女達の力添えがなければ無駄なお金を使うことになったでしょう。2人の仕事に対する姿勢は素晴らしいものでした。それ以上に人間性も尊敬に価するものです。もしこの記事を読まれた方でこれから何か購入されることを検討されているのなら僕はこの2人をお勧めします。

最後に、あまりにも持ち上げすぎてしまいましたが、これから先きっとダメ出しする道具が出てくることを密かに期待しています。その時は彼女達に「これダメだよ、まだまだ修行が足りないなおぬし、今南米にいるから代わりをもってきて」と言ってやろうと虎視眈々と狙っていることは内緒です。

Pocket
LINEで送る

とっても頼りになる2人のアドバイザーの紹介2」への3件のフィードバック

  1. 上山

    何とも素晴らしいお褒めの言葉の数々に恐縮です。
    確かに返答に少し困るような事も突っ込んで聞いてくる所は初めは困惑しました(笑)
    ヒデキさんもお察しの通り、私はバカ正直なので嘘は言えないですし、顔にも出ます(笑)
    イマイチだなと思う物は売りません。
    お客様が口コミで評判が良いからと買いに来た物でも、お客様の話を聞いてお客様のスタイルに合っていないと思えば薦めません。
    そしてお客様はその商品は買わずに帰られます。
    店として、売上が欲しいところだとは思うのですが私には出来ませんね(汗)
    ですが、お客様は残念そうに帰る訳ではなく、納得して帰って頂いているので私はこれで良いと思っております。そして後日、違う物を見に来店してくれるのです。

    経験が浅いという事は理由にはならないですね、次にまたヒデキさんが顔を見せて下さる時には成長出来てるように頑張ります!

    選んだ品物がちゃんと旅で役に立ってくれる事を祈ります!満を持してお薦めしたので大丈夫だと思うのですが、現地まで配達するとなると石井スポーツをクビになりますね(笑)

    返信
    1. HIDEKI 投稿作成者

      怒られるかとヒヤヒヤしておりました。上山さんには本当にお世話になりました。本当のことを言えばやはり不安は拭いきれません。でも旅って全部わかっていたらツアーですもんね。考えに考えて決めたことですからたとえ駄目であっても納得がいくんです。手助けをしてくれてありがとう。
      英会話に何回か、予防注射のラストに1回東京に行くのでステッカーができていたら持ってお邪魔します。そうかFacebookにしかアップしていませんでした。このサイトのステッカーを名刺代わりに作ったんですよ。全世界100枚限定ですから。ニッ

      返信
  2. 上山

    旅は簡単ではないし、危険も伴うしで色々と苦労もされるでしょうが、後悔はしないよう毎日を楽しんで旅出来るといいですね♪

    素敵なステッカー楽しみにしています♪
    数少ない内の一枚を頂けるなんて!!喜んでお待ちしております!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です