日々雑思 宿からのお知らせです

遂に客が尽き果てた。女中にも来なくても良いと伝える。

「いつまでだ」「わからない1週間かもしれない。2ヶ月か3ヶ月かもっと」「私の仕事がなくなって稼げなくなる」「心配するな金はやる、月末に来い」「それでは私の気分が悪い」「じゃあこうしよう、お前の仕事は来ないことだ」「何かあれば電話してくれれば直ぐに来る」「必要ない電話はしない」「どうしてだなぜ休むのだ」「来たい客がいないからだ、来たとしてもお前に電話する必要がない。自分で出来る。来なくても金がタダでもらえるのだから好都合だろう。それに前にも言っただろう、お前の妹との約束を守っているだけだ」珍しく悲しそうな、心配そうな顔をしている。最近はコミュニケーションが取れているだけに仕事が楽しいのであろう。目が悪かったので眼鏡を買ってやったことに恩義を感じてもいるらしい。客がいなければ給料はいらないと言っていた。来ればこちらもそれなりに楽しいのだけれどあまり心配させるのも可哀想と言うものだ。女中とは距離を置いておきたいという思いの方が勝った。根っからのへそ曲がりは治しようがない。

今年の宿の雰囲気はとても良かった。日本人の客には問い合わせの時点でこれまで言われた苦情をすべて正直に書いて返事を出した。正直にやっていく、丁寧にやっていくことはこの宿を始める時に自分で決めたことだから。するとほとんどの客はそれ以上問い合わせをして来なくなった。たとえ一部の客が言ったことであっても言われたことは事実。それは客の正直な意見なのだ。意見を伝えて客の判断に任せる。それだけしかない。ミスマッチはなくなった。せっかくの問い合わせなのに気分を害してしまう事は申し訳ないけど、今のところ他に防ぐ手立てが見つからない。大切な旅行に苦い思い出を作ってしまうようなことは避けたい。過度な期待を持たれて嫌な思いをさせてしまうより避けられた方がはるかにいい。

この2カ月ほど客は2人しかなく、まったく問い合わせもなくなった。情報がすべての旅人相手ではこれだけネガティブな情報を宿から直接聞けばもっともな話し。いい宿だと言ってくれる客もいた。ただそうした人達にはこの宿に泊まったことは他言無用をお願いした。良かったと言う思い出は人を惑わし勘違いをひき起こす事にもなってしまうから。

ジレンマではあるけれど期待せずに来る客を最大限もてなしている方が性に合っている。ただ甲斐性がないのだ。この宿はいいですよと言えるだけの自信がない。自信のなさが客を遠ざける。

そうであっても、はじめての客商売は楽しい。難しいこともたくさんあるけれどそれも含めて楽しめている。グアテマラという日本とは違う環境にあって日本の感覚をそのまま持ち込んでくる客の感覚がわからないという思いがある。と同時に慣れないスペイン語圏で日本語が通じる場所で、ふとした拍子に漏れてしまう、思いの外強い言葉が出てしまうことも理解できる。でもそれが残念でもあり、悔しくもある。持って生まれた性格なのか負けず嫌い。

様々な意見があって当然、なにがいいとかどっちが正しいとかは考えても仕方のないこと。あーそうなんだと受け流しておくことも時には大切。ネガティブな意見があったからこそ今の清潔感が生まれ、料理の腕も伸びた。だからこそ出来ないと言いたくない。まだ工夫の余地はある。

来ることのない客を悶々と待つのはよくないし、日々の雑多な暮らしを楽んだほうが豊かに生きることが出来そうだ。休んでいる間にスペイン語をもう少し勉強したい。英語もやりたい。ジムに通って身体を動かしたい。湖で釣りもやりたい。頂戴したカップ麺や缶詰を独り占めで食べたい。夜に出かけて屋台で食べたい。客を気にすることなくハンモックで寝てみたい。時間や水を気にすることなく贅沢にドラム缶風呂にのんびりと浸かりたい。手持ちの映画を大音量で観たい。やりたい事は山ほどあって、事欠くことはないだろう。

気がすむまで気ままな日々を過ごしてみよう。日々の暮らしを楽しみながらもう少し宿の質を高めたい。日本人の僕が営んでいるのに同じ日本人から汚い、他で食うよりマシだと言われないようにしたい。自信を持ってこの宿はいいですよと言えるようにしたいものだ。

宿は節約のために貯水を減らし、通常備蓄の食品補充をストップしました。保安のため門、扉も閉めてあります。全部屋において除菌防虫作業を行います。寝具も一斉に洗濯して保全してしまうため急にお越し頂いても対応することができません。

Pocket
LINEで送る

4 thoughts on “日々雑思 宿からのお知らせです

  1. あおき

    つじさんひとまずお疲れ様です!
    やりたいこといっぱいあるって、
    いいですね。宿やってる間出来なかったこと、思い切りやってください(^^)

    返信
    1. HIDEKI 投稿作成者

      あおきさん
      返信遅れてすみません。宿を始めたときから一緒だった犬のカフェが、ピットブルに襲われ死んでしまいました。
      二人で思い切り遊ぼうと一緒に旅行に行く矢先のことでした。今はただカフェの冥福を祈るばかりです。

      返信
      1. Chi Na

        Hidekiさん

        お久し振りです。
        カフェ、亡くなったんですか…ご冥福をお祈り致します。

        返信
        1. HIDEKI 投稿作成者

          Chi Naさん
          ご無沙汰しています。突然のことなので少し受け入れるまで時間がかかりそうです。
          弔電ありがとうございます。

          返信

HIDEKI にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です