日々雑思 セシリア

セシリア戻る

ペドラーナ(サンペドロの女)はしたたかで油断がならない。一旦気を許すとどこまでもずけずけと踏み込んできて散々な目にあわされる。
以前辞めたセシリアが再び働き出した。別れた女房とよりを戻したような気まずさが漂いぐんなりとした気持ちになる。女という生き物は何事もなかったかのように振る舞うことが出来るからタチが悪い。笑顔で挨拶をするセシリアに「お前はまだ試用期間だ、働けると決まったわけではない」とピシャリと言ってやる。しかしそんなことはどこ吹く風で自分のやり方でせっせと掃除を始めてしまう。「そうではない、このようにやれ」と言うとニヤリと笑って「ヒデキ、こっちの方がいいのに」と馴れ馴れしく口ごたえをする。「お前は友達でもないし、信頼関係もまだないのだ」と言うと「じゃあなんなのだ」と言うので「隣人だ」と答えるとケラケラと笑ってさっさと掃除を再開してしまった。

彼女の仕事は丁寧で、文句のつけようもない。良く目が届き、整理整頓もされている。食事も、なにも指図しなくともテキパキとこなし、片付けも良い。一見万事がうまく運んでいるように客にも見えるらしいが、彼女が帰った後はどっと疲れが出て、どっかりと腰を下ろしたくなる。目には見えないが互いに軽い平手打ちの応酬で距離を測ってる。やがて殴り合い、取っ組み合いになりマウントを取り合うことになるのであろう。彼女は生粋のペドラーナだから。以前は何度言っても止まなかった遅刻グセは今のところ出ていない。3回遅刻したらクビだと言ってあるので、こちらの様子を伺っているのであろう。初日からやって来る時間を毎日1分づつ縮めているので後3日ほどで丁度に来るようになるのではないかと思っていて、いつでも暇を言い渡してやろうとウズウズしているが向こうもそれは感じているようで、互いに一進一退の様子見が続いている。

こちらの歳の半分もいっていない小娘のくせに対等に渡り合っているつもりなのが気に入らない。なにかと難癖をつけ、自分を有利にしようとするところが生意気。こちらのやることにいちいち口を出すところも頭にくる。もっと働かせろと要求する図々しさが癪に触る。だけれどこれほど言い合える女中はほかにない。居て困ることもないのでしばらくは使ってやることにする。

セシリアのいない朝、暗いうちから掃除を始める。風のない夜明け前は底冷えがするけれど気持ちがいい。鏡の様な湖面、対岸の山にかかる細く糸の様にのびた雲が山の中腹に見える家にかかる。やがて湖面は赤く染まりあれよと言う間に明るくなってゆく。
3階のトイレを洗い終え、フリースペースの床を掃く。新しく買った箒は柔らかく音もなく床のホコリを集めてゆく。犬のカフェがやってきてひとしきり挨拶をすると陽の当たり出した場所へ行き腹ばいになって外を眺めている。モップがけをしてからテーブル椅子を雑巾で拭いてゆく。昨夜の風に運ばれたホコリが布に線の様にたまる。洗い場で水をかけ擦り洗う。
2階のタイルには目地がうってないので隙間にホコリがたまる。箒を古いものに変え一目ごとに掃いてゆく。手すりにかかるクモの巣を払いながら端へ端へとホコリを寄せてからチリトリに集めた。モップをかけ、拭き掃除を終える頃にはすっかり身体もあたたまり、寒さを感じなくなっている。1階に降りて扉の鍵を開けてからコーヒーを準備する。挽きたての豆から香りがのぼる。昨夜洗った食器を元の場所へ戻してからコーヒーを少しだけ飲む。毎日同じように淹れているのに日によって味が少しだけ変わるのが面白い。台所を掃き終える頃、客が起きてきた。

毎日、同じことの繰り返しであるはずなのに1日として同じことがない。誰にも邪魔されず自分の気持ちと向き合いながら黙々と作業をすすめていると様々なことが脳裏をよぎり消えてく。1日が始まった。

夜、部屋の前のハンモックに腰掛けてコーヒーを飲む。夕食の片付けを終え、台所の火を落とすと客は各々の部屋に戻りくつろいでいる。
庭から聞こえる虫の鳴き声、隣の子供の泣き声が聞こえる。暗めの黄色い電球は節電もあるけれど雰囲気がいい。ぼんやりと宿の輪郭を浮かび上がらせる。少し風が強い。遠くで湖の波立つ音が聞こえる。最後の客が風呂を終えて階下へと降りて行ったのを見てシャワーを浴びる。シャワーの出を確認し、汚れた床をタワシでこする。今日からは2階の浴室で浴びることにしたので少し風が入り寒さを感じた。コックを少しだけ絞り湯の温度を上げるとすぐに熱い湯になり冷えた身体が温まる。窓の向こう側に蜘蛛がいて虫を狙っている。ジリジリとにじり寄り、ほいと捕まえてしまった。捕まえられた虫はノロくもがいていたがやがて動かなくなった。いたずらに手のひらに溜めた湯を窓にぶつけるが蜘蛛はなにも驚くことなくそこに留まったままだったので、つまらなくなりさっさと身体を洗って風呂を出た。飼っているケモノたちも各々の寝床に入り丸まっている。こちらが風呂から戻ったのを目だけを開けてチラリと見てそのまま寝てしまった。ハンモックに腰掛けて冷めたコーヒーを飲み干した。今月のスシパーティーにはやはり手伝いに行くことが出来ない。3階の水槽が再び水漏れを起こしてしまい修理が必要だし、水が来る日だから。電気を消すと高いところで星が流れた。

1日の終わりに客との会話、去って行った客のこと、あった出来事、これからの事に思いを馳せる。自分に正直であったであろうか、丁寧に暮らせたであろうか、今日の仕舞はどうであったか、明日のことは滞りなく済んだか。1日が終わり円は閉じた。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です