日々雑思 黒い心の持ち主なのです

季節が変わり、風が強く吹くようになる。今年も道路工事が始まり、再び村への道が閉ざされた。観光客が減り村の経済が疲弊しているにもかかわらず、自らチャンスを潰してしまうとは呆れたものだ。それでも今年は少し考えて、2つ先の村からバスが出るようになる。そこまでボートで行けば村の人の交通手段は少しは良くなるのだけれど、そこの村にバスを停めた途端に寄ってたかって泥棒に盗まれてしまい、ほとんどのバスが引き上げてしまった。以前から治安の悪いことで知られていた村だけれどもなんでかなぁ。果たして去年と同様の交通手段に戻ったけれども、今度はボートが強い風で転覆してしまい大勢の人が死んだ。定員を超えて乗せれば稼げると踏んだ組合がわんさと詰め込んだせいだ。ボートに乗ると皆真ん中には座りたがらずに、すぐに逃げられるように前と後ろに固まっている。そうそうに救命胴衣をつけている者もある。数が足りていないので早い者勝ち。惨事が新聞に出ると道路を少し開けてやっと通れるようになった。たかが道路工事1つで随分と混乱を招くものだ。全体を見る者がいないというのは悲しいことしか招かないのだ。皆、自分のことしか頭にないので、我先に目の前の小事に飛びつきたがる。うちにも働かせてくれと頼みに来る者が増えたが、どうせロクなことにはならないので適当にえへら笑いでごまかしておく。嫉妬と噂話のネタになるのかもしれない。

季節の変わり目は庭の手入れをする。伸びた草木を刈り、陽が庭に入るようにする。述べ4日ほどかけ、大きなゴミ袋に10袋にもなった。庭は明るくなりスッキリとした好みのものとなる。屋根に寝そべって伸びたツタを刈っているときに肘を擦りむいて血がダラダラとしたたる。アナが大変だと言っているので「物は直さなければ壊れたままだが人はほっておけば治るのだ」と答えると「なぜヒデキは自分の体を大切にしないのだ、お前の手を見ろ、アカギレで皿も洗えぬではないか、もう少し世話をしろ」と怒っている。空気が乾燥しているのでこの季節は水仕事をするとすぐに切れてしまう。このところずっと庭の手入れをしていたからか、皆が疲れているのかと聞いてくる。働けば疲れるであろうにと思うのだけれど、肩を揉んでやると言われる。「背中が固い、少し頑張り過ぎだ、休め」とたしなめられる。客をもてなすのが宿であるから施設の見てくれは大切なのだ。宿主の事など構わないであろうにと思うのだけれど、わからぬ。キレイな宿で美味い飯が食えればそれだけで十分であろう。ともあれ人様の優しさに触れた気がするが、この程度のことではこれまでしてきた所業に比べれば罪滅ぼしにもならぬ事は承知している。なにせ心が腹の底から腐っているのだ。地獄に落ちる人は生きている時から行くことがわかるものなのだ。黒い心は幾ら白を足したところで白くはならないのだ。

対岸の村にあるレストランに頼まれて寿司を巻きに行く。80本程巻き、最終のボートで帰ろうかと思っていたが、思いの外客足が伸びて最後まで手伝わされてしまう。英語を話す者、スペイン語を話す者がたくさん来て久しぶりに外国にいるような気になった。いつもは車を貸し切り帰ってくるのだけれど今日はボートを貸し切った。あっという間にサンペドロに戻れたし快適であった。若者の噂でピストルを使った強盗が逃げていて、隣村の男を殺したのだとまことしやかにSNSで拡散していた。詳細を確かめると悪人ではあるけれどもう一つ向こうの村に逃げたので問題はないと、またこちらも根拠のない話を聞かされていたので、やはり少し心配ではあったのだ。ボートであれば海賊は出ないので明るい桟橋から帰れるのはいい。
サンペドロは静かな村ではあるけれど、年末が近づくとこうした話が出始める。以前は人さらいが出たりしたらしいが、そうした記憶が村人の心内にあるからであろうか。ともあれ子供達が恐れをもって暮らすことは悪いことではない気がする。そろそろクリスマスの飾り付けなどをする季節となったことを知る。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です