日々雑思 欲しかった者 グアテマラ人のメンタリティー シイタケさん

欲しかった者
以前から気になっていた女の子がいる。可愛らしい。内面から人柄が滲み出ている。話していて気持ちがいい。親切で仕事を見ていても誠実であることがすぐにわかる。仕事の後、夜間の学校に通う。英語の勉強もしている努力家。

そんな彼女が仕事を辞めたがっていると聞いた。彼女に会いに行って確かめるとその通りであった。辞めた後のコトを聞くとスペイン語学校で働きたいと言う。そんな時、うちの客の1人が彼女と仲良くなってスペイン語をあっという間に話せるようになって僕を驚かせた。話を聞くとただ話しているだけだと言う。僕はすぐにピンと来た。彼女もまた天才肌の持ち主かもしれない。翌日、僕はすぐに彼女のもとへ出向き、家庭教師の話を持ちかけた。「もし、仕事を辞めたら次の仕事までのつなぎでもいいからうちで家庭教師をやって見ないかい。もちろん、技能確認はするけど君なら出来ると僕は信じているんだ」と伝えると「とても興味深い話しね、やって見たい気がするわ」と言うので僕の電話番号を伝えた。しばらく間があって連絡があった。僕は即日彼女と面接をした。その前から雇うことは決めていたのだけれど、仕事の内容について話すと彼女の顔はみるみるほころんだ。なにせ彼女が1日で稼ぐ金額を数時間で払うと伝えたからだ。理由は一つ。彼女と話していると不思議とスペイン語が話せるようになるのだ。文法や机上の勉強ももちろん大切ではあるけれど、僕は話せるようになりたいと言う客をサポートしたい。文法ばかりで話せない者をたくさん見て来た僕は会話をしながらスペイン語を教えることが出来る人間を探して来た。英語、スペイン語それぞれで僕は数人の天才肌に出会った。そうしたことができる人間がいることを知っている。誰にでも合うわけではないけれど、コレはと思う客に紹介してあげたいと思う。安心して間違ったコトを言えて、話していても緊張しない先生は数少ない。レッスンに紙や鉛筆を必要としないレッスン、するすると魔法のように言葉が心に刻まれていく、知らずに言葉が口から出てくるような練習相手。おそらく彼女はそんなレッスンが出来る1人だと確信している。さっそく1人の客に彼女を付けた。会わせたその時から客は彼女とのレッスンが楽しみだと言う。僕は内心ニンマリしてしまった。そう思わせるだけの何かをすでに客も感じ取っているのであろう。残念ながら彼女が教えることができるのは1日に1人だけ。それでも旅のツールとしてのスペイン語を伝えたいという僕の夢に一歩近づいたことは確かだ。なんと言われても彼女を大切にしたい。喋れないのを学校や先生のせいにするような輩には絶対に紹介しないし、頼まれても断る。そんなつまらないことでせっかくの才能を潰したくないから。僕はまた一つこの旅で欲しかった物(者)を手に入れた。

猫襲撃からグアテマラ人のメンタリティを見る

グアテマラ人はなんでも金で解決を図ると前々から思っている。「これはいくらだ」「いくらなら売るのだ」「まからないのか」などなどあまりに直球を投げつけてくるのでへきえきとなる。

ある日、アナと掃除をしているとなにやら下が騒がしい。隣のピットが「たいへんだーヒデキー猫が死ぬぞ、ネコが死ぬー」と血相変えて駆け上がってくる。「どうしたのだ」と慌てて降りる。母親のドーラが支離滅裂に怒鳴っている。カフェも大興奮して叫んでいる。「どうしたのだ」とドーラに聞くと「前の家の犬が入ってお前の猫を襲っていた。死んだか」と言う。見ると犬のヨダレともらした糞尿にまみれた猫が丸くなり「フゥーフゥー」と威嚇の声をあげている。近づいて抱き上げると口が裂けている。相当やられたようだ。ドーラが「カフェが懸命に止めていたがやられてしまった。カフェは偉い」と褒めている。カフェが足元に来て下から見上げているので褒めてやる。猫を2階に連れて行くとアナが「どうしたのだ」と言うので「お前の犬2匹が猫を襲ったのだ」と答えるとアナが珍しく取り乱して「あーたいへんだー」と猫を見てから「ちょっと帰る」と言うや否や飛び出して行ってしまう。しばらくして「ヒデキ悪かった、犬達を懲らしめてきた、たくさんぶってやった」と言う。「アナ、あまり懲らしめるな、お前の犬だ、気にするな」となだめる。糞尿まみれでは可哀想なので洗ってやらなくてはいけないが、今はショックが酷そうなので、首輪につないで、2階で休ませた。
夕方、仕事を終えたアナの兄が謝りに来た。とても丁寧に謝り、申し訳なさそうにしている。ほーグアテマラ人にもこのような気持ちがあるのかと感心した。

最近、めっきり帰って来なくなっていた猫。もしや、悪い虫でも付いたかと内心ハラハラしていたが、ある朝、満身創痍でビッコを引き引き帰って来て、反省の色を見せていた矢先の襲撃事件にすっかり意気消沈している。せっかくのペッピンさんも口が裂けて口裂け女の面妖となり当分は人様の前に出ることも出来なくなってしまった。ともあれ、繋がれる事を嫌がっている様子もないので謹慎を言い渡した。

翌日、アナがやって来て猫を心配している。昨夜、風呂に入れてやりキレイになると他にも傷があちこちにあった。それを見たアナが「本当に死ななくてよかった。昨日、兄がとても心配していた。ヒデキに悪い事をした。猫が死んだらヒデキに新しいのを買わなくちゃ」と2人で話していたのだと言う。そして「その猫は幾らで買ったのだ」とケロリと言うのを聞いて思わず「そっちカァーい」と日本語でツッコミを入れてしまった。アナはキョトンとしていたが、まだまだグアテマラ人のメンタリティが分かっていないと反省した。

シイタケさん

「そもそも愚老の易断は、下世話に申す当るも八卦当らぬも八卦の看板通り、世間の八卦見のようにきっと当ると保証も致さぬ代り、きっと外れると請合いも致さぬ」と言うやうにいい加減なものではあるけれども、時に人の心を救う事もある。だいたい救われたと言う人間は心が弱っていて救いが欲しいと思っている節があるので、書きようによってはどんな占いでも当たっているものだ。

宿をやっていると妙齢の女子がやってきて、きっとそのような話をし始める。正直、苦手な部類の話ではあるけれど、無下にする事も出来ないのでこの占いはよく当たっている。この相性診断はすごいと言われ「あーそうなんですかぁ」と適当に相槌をうってやり過ごす。ところがこのところ何人かの女子から”シイタケ”と言うワードを続けざまに聞いた。気になり調べてみる。せっかくなので自分の占いを見る。読み終わった時、当たっていると思ってしまった自分に驚いた。特段心が弱っている様子も無い。何かにすがりたいと思う気持ちも持っていないのだけれど当たっている気がする。占いは半年ごとに分かれているものを読んだのだけれど、あまり読み過ぎてはいけないとたしなめられた。読みすぎるとそれに頼りきりになるのでじっとして半年毎の楽しみにするのだと注意を受ける。

先日、友人から相談を受けたのでシイタケ占いを勧めた。すぐに当たっていると返事が来てニンマリとなる。そして次にあるのはシイタケからシイタケさんとさん付けになるのだ。八卦は当たるも当らぬも請け合いもいたせんと言われているのに。さてこの宿の主人である僕の下半期は果たして占いの通りとなるのか。そのようなことになったら宿名をCasa de Shitakeと変える事にしよう。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です