単車かいな!

ある日

IMG_2986

名神高速の多賀PA。トイレで用を済ませせっせと身支度を整えている。いきなり関西弁丸出しのおっちゃんが「単車かいな!」と素っ頓狂な声で話しかけきた。「うちの孫も乗ってるけど、まぁえらいもんや」突然話しかけられ寒さでちじこまったものを危うく挟みそうになる。

オートバイは風がいけない。風圧でよろりとなる。隙間という隙間から冷えが入り込んできて歯の根がカクカクと音を立てる。夕暮れ前に名古屋で泊まれば良かったのだ。欲を出すから震えることになったのだ。「神戸は安い」「トトリに近い」と考えたのがいけない。

IMG_2987昼過ぎに高速に乗る。初めて乗った。速度はいいが風がいけない。疲れる。サービスエリアのたびに休憩をする。第2東名は初めてなので面白いのがなおいけない。あれも食べたい。これも見たい。中国人が写真を撮っている。頼まれて撮る。普段なら近寄るんじゃねぇオーラ全開で誰も話しかけないが今日は風のせいで弱っていたらしい。

「KTMだ」「KTMだよ」と通りすがりの男が言っている。「そんなに乗りやすくはないのです」「ブンブン回すととんでもないことになるし、走り出す時エンストしますから」と心の中でつぶやくが顔つきはしゃんとしているように心がけた。

神戸に着く。駐車できるとこはどこかと聞く。禿げたフロントが「ない」と答える。それならここに泊まらなかったのにと悲しい顔をするとどこかへ電話をかけてくれた。少し行った先の姉妹ホテルに停められるが金を払えという。仕方なく200mほど離れた姉妹ホテルへ行くとこっちの方がいい。ここにすれば良かったおもった。ホテルのフロント係が出迎えてくれた。こっちのは禿げていない。駐車場に案内してくれ「ここに停めろ」と言った。いくらだと聞くと「金はいらない、タダでいい」というのでお礼を言ってホテルへ戻った。

おわり

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です