ビザクリの話 滅多に書かない情報記事(訂正追記あり)

今日はグアテマラシティーでのビザクリに関しての話。ざっくり話すとグアテマラシティーのイミグレでやることと行き方の話。

多くの旅人が悩むのは次の点

行くのは簡単だけれど治安が悪いと言われるシティーはどうやら怖いところらしいと思われている。交通機関は何を使うのか、どこにイミグレがあるのか、帰りはどうするのだと言うことを書く。

治安
データーで見る限りグアテマラ1悪い場所。グアテマラ人も悪いと言う。タクシーの運転手も悪いと言う。だから悪い場所なのだきっと。でもこれまで何回かいったけれど1度も危ない目にあったことはない。それには理由があって普通のかっこをしているからお金持ちに見られていない。タクシーを使って移動してしまうので危ない目に会う機会がない。路面電車も歩いたこともあるけれど昼間に人通りがあるところを歩いているのでそれほど危なくない。ついでに言うと1度だけタクシーに乗っている時、携帯を出していて、運転手に「撃たれるからやめてくれ」と言われた。打たれればどれほどのものかここに書くことができたけれど打たれなかったのでどの程度治安が悪いのかは不明。ただし世界のトップ20にはランキングしている世界ランカーである。
チキンバスも危ないと言われるけれど僕は口を開けて寝てしまう。物盗りにあってもたいしたものがないので寝る。

交通
チキンバスは終点の手前のウォールマートの前で下車、運転手に「うぉーるまーと、うぉーるまーと」と日本語風に言えば通じる。そこからタクシーを使ってイミグレまで行く。運転手に「いみぐれ、いみぐれ」と言えば通じる。スペイン語は日本語の発音と似ているので英語で言うと通じない。ウォールマートでの乗り換えはJICAの人がこの方式をやっている。ここにはガードマンがいて、危なくないから。タクシーの値段も終点で降りるのと同じ。終点は狙われるのでだめ。これが一番。簡単チキンバス代とタクシー代のみ。タクシーは乗る時に金額を確認すれば良い。たいていは30〜50ケツ。人により違うので35ケツならよしとしている。

他にはトラムに乗ってイミグレ近くまで行き歩く。トランスメトロに乗るにはチキンバスの終点から歩くかタクシー、または地元のバス利用なのでめんどくさくてやらない。一度イミグレの帰りに乗ったけれど安い、確か1ケツか2ケツ。前回乗った時は治安が悪いと言われていたので試しに携帯を晒して見ていたけれど何もなし。他の客は携帯を出していなかった。
地元のバスに後日乗る。1ケツなり。でも行き先がわからないので片端から聞いてトランスメトロの近くで降りて歩いた。10分弱。トランスメトロ1ケツなり。乗った駅から4つ目の駅で降りて歩き5分ほど。市内を走る赤いバスはチキンバスとはちょっと違った貧乏くさい感じでバスも尚更にボロイ。車内の雰囲気わるし。やはりタクシーに軍配が上がる。

イミグレの場所
6ta.Avenida 3-11 Zona 4 Ciudad de Guatemala
+502 2411 2411

何を用意したらいいのかと迷っている

用意するものは
白黒の顔写真1枚。これは写真館に行って撮ってきた。パソコンで作ったものは不可。なぜだか知らない。カラーも同じ。大きさは写真館が知っている。
近隣の写真館はイミグレを出て右に巻くように曲がる30メートルほど行ったところにあり。値段不明。

パスポート
入国日スタンプのページ、顔写真のページ2枚、クレジットカードの裏表。これはイミグレ1階にコピー屋があってここで全部やってくれる1枚1ケツ。村のコピー屋なら4枚で1ケツ。クレジットカードの番号は消してよろし。ボールペンでグリグリに塗る。今回は以前桃子にもらった偽カードを使ったけれどお咎めなし。

申し込み用紙
イミグレの受付でもらえる。
書くことはあるけれど適当に書いておけばよろし。仕事も気分で書いてよし。住所も電話番号も適当に書く。なぜか両親の名前、これも適当。わからないところは書かないでもよろし。咎められたことなし。仮に咎められても、スペイン語がわからないフリをすれば諦めてしまう。下手に出て機嫌を損ねないこと。

言葉
Prorroga 延長
Multa 罰金
あとはフンフンと手に持ったパスポートを押し付ければやってくれるので心配は無用。行けば必ずできる。書類も英語で書けばいい。おそらく日本語は不可。

どんな手続きをするのかわからない
10時までにイミグレに行くこと。時間を過ぎると相手にもしてもらえない。イミグレ2階に上がる。入り口から一番手前の窓口に行くパスポートの延長を頼むと番号札と申込書をくれる。延長はプロロガール ポルファボールと片言でいい。必要な事項を書き込んで写真を貼っておく。のり、ボールペンはないので用意すること。部屋中央のテレビに番号が出たらその窓口へいく。2〜4番のどれか。
書類を提出すると引換証をくれる。引き取りの日が書いてある。3〜5日くらい。
初日の手続きはおしまい。帰る。遊びにいく。スタバにいく。映画にいく。好きなことをすればよろし。
帰りも面倒なのでタクシーでウォールマートの前で降ろしてもらう。近くに古着屋、スタバがあるのでいくがよろし。バスもここに来る。行き先をみて乗れば終い。

指定された日、指定された時間に再びいく。
2階に上がり5番の窓口に行く。支払い用の紙をもらい、11番の窓口へ行き、銀行の支払い用紙をもらう。1階の銀行へ。支払いを済ませ領収証を持って隣のコピー屋へ行き、領収証をコピーする。1ケツ。2階へ。再び5番の窓口に行きサインを2回、左から氏名、サイン、日付の順。あまりにも受付の女が感じ悪かったので、サイン欄に「うんこ女め」と書いてやった。パスポートをもらい終了。前回は指定された日から大幅に遅れて取りに行った。文句を言われたが遠いいからできないときっぱりと言い放ち、険悪な雰囲気を作ってやったけれど、それ以上の意地悪はされなかった。

いくらかかるのかわからない
更新料は確か15ドル。でも今はケツアルでしか払うことができない112,25ケツアレスを銀行で払う。コピー代、交通費。サンペドロからはチキンバス行き35ケツ帰り30ケツ、タクシー代35ケツ往復だと倍。アンティグアならもっと安い。

罰金
ビザが切れ不法滞在になってしまった場合、受付を済ませてから4階へ行く。階段正面の部屋にある3つ並んだ窓口の一番左側でパスポートを出す。支払い用の紙をもらい1階銀行へ行き
支払いを済ませたら4階へ。罰金の支払いの紙をもらい2階のイミグレに行き通常の手続きを済ませて終い。

トイレ
1階ガードマン机の横にある。

注意
銀行がとにかく並ぶ。時間に余裕を持つのが肝要である。
飲み物、食べ物屋は写真館の隣、簡単なスナックとジュースあり。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です