2週間が経ちました

宿をはじめて2週間が経ちました。お客さんも増えだし、毎日忙しくやっています。お客さんたちに意見を聴きながら試行錯誤の毎日です。宿の仕切り方がうまくいかず、ブログを更新する時間もなく今日まで来てしまいました。やっと生活のペースがつかめてきて最近は少しだけ時間を持てるようになっています。

小さなトラブルはあるものの、やればなんとかなるもので、工夫次第でお金をかけずにリニューアルは進んでいます。そうした仕事を手伝ってくれるのはNagareの時から泊まってくれている方や日本やカンクンからきてくれた友人たちによって作られています。それは僕にとってとても嬉しいことなのです。彼らの楽しそうに作業する声や姿がこの宿の雰囲気を作ってくれているように思えるのです。ちょっとくらい不格好でもそれがまたいい味を出していて、どれも僕もお気に入りとなりました。

宿の1日

朝、4時から5時に目を覚まします。特に木曜日は水が来る日なので4時起き。水槽に水が来ているかをチェックします。5時に水槽から水をあげてタンクに充します。他の日は5時から6時起き。まずは掃除。3階のトイレから始まり掃き掃除、モップがけをします。7時にはコーヒーを淹れ、朝食の準備。順次起きてくるお客さん全てが食べ終えると、布団を干し、シーツを洗います。残りの掃除をこなしながらゴミ出し、カフェの散歩と買い出しです。カフェとの散歩は楽しいひと時。最近は意思の疎通もスムーズになり、ますます可愛くなっています。たまにCafenによってコーヒーを1杯。やはりお店のコーヒーは豆がいいので味が違います。メルカドでその日の食材を仕入れて宿に戻ります。朝食を食べずに学校へ行ったお客さんに昼食を準備します。昼食が済むと布団を裏返しに屋上へ、再びトイレを掃除しながらざっと汚れを掃除していきます。これが終わればちょっと休憩、庭の手入れをしていきます。2時から3時に布団を取り込み、客室の布団の交換と掃除。4時頃、夕食の足りないものの仕入れとカフェの夕方の散歩です。戻るとすぐに夕食の準備。少しずつ買いためた調味料もだいぶ揃ってきました。キッチンの癖もだいぶ覚え、料理のクオリティーも上がってきました。7時に夕食。食後の片付けを終えると夜のトイレ掃除です。それが終わってからシャワーを浴びてホッと一息です。宿の戸締りをして、翌日の予定をチェックします。朝食の献立を考えて同じメニューにならないようにお客さんごとに頭に入れておきます。すでに時計は12時です。ベットに入るとそのまま爆睡してしまいます。

その他にも、チケットの予約、お客さんの問い合わせ、物売りのおばちゃん、近所の人との付き合いなどなど雑用をこなす毎日です。丸々1日働きづめですが、それはとても楽しい時間です。仕事の合間に感じる風や、それに揺れる葉の音を聞いているととても気持ちが和みます。あまり多くの時間は取れませんが庭いじりはとても楽しく、心が落ち着くのです。ハーブガーデンのレイアウトを考えたり、観葉植物を買ってきて少しずつイメージに近づいていく日々は小田原にいた時を思い出すのです。

大きなトラブルもなく、順調に始まった宿。お客さんからの評価も上々で、やりがいを感じています。まだ自分の時間を取ることはできませんがもう少し慣れてくればのんびりとできる時間もできるでしょう。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です