スペイン語留学19週目 僕の勉強ツール

 

image僕は若い人に比べれば覚えが悪いのです。でも与えられた時間はみんな平等とすれば勢いに任せて勉強をしているだけでは効果は薄くなってしまうだろうと考えました。様々な工夫をしながら自分なりの勉強方法を考えてきました。今日は勉強に使うツールについて少しだけ書こうと思います。

 

僕が用意したのはA3の白紙または方眼紙とまとめ用のノートです。筆記具は青のボールペンのみです。たったこれだけです。レッスン中はノートは使わずA3
の方眼紙だけです。バインダーに挟んだ方眼紙にその日のレッスンを見渡せるように書いていきます。レッスン内容はもちろん合間に交わした会話で気になったこと、先生の何気ない一言などとにかく全ての情報をここに書きます。ときにとっちらかってえらいことになりますが、とにかく全てを書くのです。それは勉強のためというよりはレッスンそのものを印象として残すビデオ的な使い方です。スペイン語、英語、日本語。そのときの考えに使った言語で書くことで後から見たときの自分の思考がどの言語によってなされたかがわかります。イラスト、矢印などを使ってそのときの情景を印象づけることで先生の話したことを思い出せるようにしています。使うのは青いボールペン1本です。赤や蛍光ペンも持っていますが。後から見直したときにそこしか見ないのでせっかく取ったノートが本来の役割を果たさなくなるからです。

image image image

 

 

 

 

 

土日を利用してこれらのノートをまとめ用のノートに書き写します。まとめ用のノートも本来大きなサイズが使いやすいのですが後々の携帯のことを考えるとA5サイズがちょうどいいと思っています。1枚にかける情報量が見直したとき、暗記などの作業に使うときにちょうどいいのです。このA5のノートも白紙もしくは方眼紙の方がいいのですがインデックスシールが必要になります。現地での購入ができないので今回は5色に色分けされたノートを購入しました。これを「よく使う項目」「似たものや違い」「文法」「ボキャブラリー」「動詞」の5項目にしました。

 

よく使う項目  時間、方角、度量衡、質問、シチュエーションごとに使う単語集
似たもの    似た発音、同じ意味の単語、使い方の違い、ニュアンス
文法      文法に関する全て
ボキャブラリー 名詞を主に形容詞や含まれるシチュエーション
動詞      動詞が重要なので動詞だけのページ

image image image

 

 

 

 

 

この区分けに従ってレッスン中に書いたノートを書き写していきます。このとき書いている全てに目を通すことでレッスンをもう一度受けているのと同じ効果を得られます。なぜなら書いていたときの情景を思い出すことで自分がした質問、そのときの答えなど後からノートだけでは”あれ?なんだっけ”となってしまうことを防ぐのです。そしてノートに整理して書き写すことにより、わかりやすく記録することができるのです。上の区分けに厳密にこだわることはありません。関連する単語や文例、イラストを一緒に書き込んで状況ごとに使う単語を覚えていきます。ときには物語風にまとめたり、対義語に並べ替えたりしながら比較的自由に書き込んでいきます。同じことを2箇所に書いたりもします。このとき僕は何をどこに書いたかだけを記憶にとどめます。次に調べるときにパラパラとページをめくることでその前後のことを何回も思い出すようにするのです。大体どこに書いたかだけを覚えておくことは僕でもできます。そして何回も見ることで記憶の定着を図っているのです。

image image image

 

 

 

 

 

使用しているペンはUNIのJETSTREAM0.7インクは青です。これはフィリピンで使っていたものです。カレンがとてもこのペンを気に入って絶賛するのでそれ以来これ1本です。青いインクは記憶の定着に役立つと言われていますし、僕の好きな色でもあるのです。こうしたお気に入りの1本に出会えると、勉強がはかどらないを文具の所為にして無駄にいろいろな文房具に手を出すことがなくなるのです。つまり言い訳ができない1本を持つことは勉強がはかどる一因にもなっています。
この勉強の方法はカレンが作ってくれたボキャブラリー用のノートがヒントとなりました。アルファベット順に覚えるのは苦手ですが情景や区分けを工夫することによってより記憶に定着しやすく、たとえ忘れたとしてもどんな単語がそこに書かれていたかを覚えておくだけで、いざ使うときにパッと蘇ってきたり、聞いてすぐに理解できるようになりました。このノートは今でも大切にとってあります。そしてそれは常に僕の部屋の机の上に置いてあるのです。パラパラとめくるだけで記憶の助けになっていますし、それらの単語を覚えればおよそ会話には困らないからです。約1500ほどの単語集ですがこれを本にしたら爆発的に売れるのではないかしらと思っています。そして実は僕のスペイン語のボキャブラリーはこのノートを元に作られています。同じ単語をスペイン語で使えるようになれば僕はどちらの言語でも誰とでも会話ができるようになると思っています。
誰もが持っている自分なりの勉強方法、僕は人それぞれだと思っています。今日ヒロコさんとレッスンの話をしているときフトしたことからこの話をヒロコさんにすると、彼女は早速僕と同じものを購入していました。そんなこともあり勉強のツールについて書いてみようと思ったのです。お役に立つかはわかりませんが悩んでいる方、一度お試しあれ。

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム SXN-150-07 青 33

 

 

今日の一言
レッスンは変わらずです。残り数日をマリアとは文法、ホセとは雑談。ここに来てのホセの失速はとっても痛いのです。このあたりのことはまた次の機会に書きたいと思っています。フィリピンでも同様の話を聞いていただけにここでも同じことがあるのだと思いました。それは仕方のないことではありますが留学で起こり得るトラブルなのです。
ところでマリアとのレッスンで感じたのはかなり理解力が高まってきました。ほぼ説明が理解できます。質問もほとんどありません。この変わりようには僕が驚いています。何が起こったのかも今考えているところです。それはとっても簡単なきっかけでした。それではまた明日。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です