スペイン語留学16週目 帳尻はなんとか合ったのかも

今週はあまり進捗のない週ではありました。留学していいて思うのは本当に日が経つのが早いのです。英語の時もそうでしたが上手くなる直前の苛立ちはわかっていても嫌なものです。どうしても思考がネガティブになりがちです。それでもレッスンの合間のフトした時に会話が成り立っているのです。それはすぐに消えてなくなるのですが、まさしく会話が成り立っています。例文を話しているのでなく、日本語でのやり取りのようにテンポよく話が進むことがあるのです。それは外国語を話している感じはなく自分の言葉に気持ちが乗っているのです。そんな時、あーもう少しなんだなと思うのです。
停電のせいで寝る時だけテレビがある部屋に移っています。映画のチャンネルはいい気分転換になります。初めのうちはどうせ言っていることはわからないだろうと思いながら見ていたのですが途中からかなり理解していることに気がつきました。これにはちょっと驚きです。正直こんなに耳が慣れているとは思いませんでした。試しにニュースや天気予報などを見てみます。聞いたことをホテルのマヌエルに話すとそうだというのです。総合的な理解はかなり進んでいるのでしょう。ちょっと自信になりました。
レッスンは毎日のことなのであまり効果を感じなくなっているのでしょう。でもたまに新しい経験をすると自分の上達がわかります。なんとか帳尻はあっているのだと考えることにして今週を終えました。今日は特に書くことがないのでこんなところです

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です