スペイン語留学16週目 話しまくれ!

ホテルの電源がおかしくなってしまい僕の階だけが電気がありません。WIFIの電源は僕の階から取っているのでホテルのWIFIは使えなくなってしまいました。電気屋さんがきて直してはいるのですがどうにも原因がわからないようです。悪いことに台風がやってきていて各地に被害が出ているようです。サンペドロは雨だけですが、肌寒く憂鬱な天気です。雨が結構降っているので電気屋さんの修理も滞ってしまいました。
ブログの更新は毎日ですが、ちょうど今、僕のスペイン語も停滞期に入り、あまり書くこともないので何日か分をまとめることにしました。

 

単語を覚えろ

動詞の活用と意味の説明は淡々と続けています。説明の量を増やしてなるべく多く話しをすることを心がけます。必然的に直される回数も激増です。でもこれまで直されたことを意識するようにしていましたがぱったり止めました。僕の心が何かを感じるまでほったらかしです。もう理屈ではないのだと自分に言い聞かせます。僕の口が自然に覚えるのに任せました。そんなことより思ったこと感じたことをそのまま口に出すことこそが必要なんだと気持ちを切り替えました。人称に合わせた動詞の活用は口に出して何かおかしいと感じるようになり始めています。その違和感こそが今の僕には必要なのです。マリアが繰り出す動詞をどんどん消化していきます。それでもすぐに忘れてしまうだろうなぁという動詞も多いのですが初めて聞く動詞がすでに少なくなってきているのです。これは僕のボキャブラリーがかなり十分なことを示しています。頭でっかちになりかけの自分を元にもどします。
変則活用の動詞になりました。覚えているようないないようななんとも心細いレッスンが続きます。やはりあまり使わない動詞はすっかり忘れているものもあり、まずいなぁとは思っているのです。マリアはちょっと怒りながらも根気強く教えてくれます。やはり彼女のスタイルでレッスンは進みますがそれが幸いしています。今はじっと我慢の子です。

 
発音
一通りの基本的な発音が終わりました。できる音できない音苦手な音はありますが、読めない単語がなくなったのは大きな成果です。文字と音が一致することはとっても大切なことです。今後は長文の朗読になります。もう少しできるようになってくればより多くの文字に触れることになり加速度的にボキャブラリーや言い回しが増えてくる気がします。これまではいちいち辞書を引かなければならず、かなりの時間を辞書とにらめっこしていました。英語の時もそうでしたが初心者の難関の一つは辞書引くことだと思っています。1日に何回も同じ単語を引いている時の気持ちはさすがに凹みます。不思議なもので知らず知らずのうちに辞書を引く回数が減ってくる頃になると読むことがうまくなっていきます。発音や音読は知識とも繋がっているのがわかります。

 

会話

ホセとは毎日色々なトピックについてなんとなく話している感じです。正直あまりためになってない気がしています。ホセは説明好き話し出すと止まらないのです。延々と話し続けてしまうホセ僕が少しでも質問してしまうといけません。リスニングの練習にはなっていますが、ちょっと考えないといけません。テーマを決めると僕の口はますます重くなってしまうし、決めなければホセの独壇場です。解決策は見つかっていません。

 

課外レッスン

マリアに今、民芸品を作る仕事を手伝ってもらっています。交渉や注文、デザインや工夫などなど話さなければならないことは山ほどあるのです。それをレッスンの中で習い、午後にはすぐに実践です。これはかなり効果が上がっています。なにせ必要な会話だから話せないことには進まないのです。少しくらい間違っていても気にせずどんどん話すと不思議と相手にも伝わるものです。このレッスンでホセとの会話不足を解消です。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です