スペイン語留学のまとめ 2ヶ月の成果はいかに!どのくらい話せるようになったかをお見せします

WiFiの故障に停電。その後もWiFiの調子が悪く、かろうじて記事を載せることができる状態でした。今日は土日通信の日ですが、予定を変更してこの2ヶ月間のまとめを掲載します。お騒がせしてすみません。ギリギリ間に合いました。

まずは2ヶ月間でどの程度話せるようになったのかをお見せしたいと思います。
ビデオは2本です。本当は3本載せたかったのですがgoproで撮った物がアップロードできず2本にしました。ここに学校に入って2週間ほどの時のものはホセに言われた質問を頭の中で数回繰り返さないと理解できていません。答えに窮し、単語も忘れ舞い上がっていました。この頃は毎日の学校が辛くてとてもしんどかったのです。レッスンが進むにつれだんだんと難しくなって行く文法についていけない日が続いていました。

1本目は床屋シリーズです。恒例になった各国での床屋さん、自分の力を試すには結構いい場所だと思っています。とりとめのない話をしていますが少しは話せていると思いますがどうでしょうか?しかしいつも坊主ではちょっと恥ずかしいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=K3G2H3g949A

2本めは今日撮ったものです。ホセの話をほぼ理解できています。撮影に緊張はしていますが、しゃべることに対するテレや臆することはありません。まだボキャブラリーに問題を抱えていてレスポンスは良くはありませんが、言いたいことは明確になっています。2本めの内容は学校紹介も兼ねていて学校の特徴、先生の質、カリキュラムやどのように教えていくかをインタビューしています。

僕のスペイン語と英語はさておき、スペイン語なまりの英語も必見です。普段接することの少ないスペイン語なまりの英語。ちなみにホセはかなりキレイな英語を話しますし彼の英語は上手です。一般の人で英語を話せる人の英語はもう少し聞き取りにくいものです。これから南米旅行を考えているイングリッシュスピーカーの方にも役立つのではないかと思います。二度目の言い訳になりますがいま僕の頭の中は英語とスペイン語がごちゃまぜになってしまい両方ともしゃべることができなくなってしまいました。スペイン語の方はまだましですが英語は本当にひどくて壊れたスマホが暴走しているような状態、考えていることを喋っていることがバラバラになってしまっています。音や意味の形が崩れてしまった感じでしょうか。しばらく話していると元に戻ってくるのですが切り替え時はえらいことになってしまいます。自分でもおかしくて笑ってしまいます。

https://www.youtube.com/watch?v=iXl3G-GWpeM
まとめ
ここまで2ヶ月間1日4時間のレッスンを月曜日から金曜日まで毎日受けてきました。ほぼ毎日自習を含め10時間ほど勉強をしています。僕は1年前まで英語すら話すことができませんでした。5ヶ月間のフィリピン留学で英語を学びました。その前段で同僚の女性から中学英語の文法を学び、英会話スクールに週1回のペースで通っていました。それでもフィリピンに着いた時は先生が言っていることが理解できない日々が続きました。それはリスニングに原因があったからです。カナダに渡りこれまで旅をしながら英語に磨きをかけて今では聞き取りはかなり十分なレベルに来ていますが、正確に話すことは話題により差があるという状態です。日常英会話であれば自分の意思を伝えることができる程度と思っていただければいいと思います。

レッスンを受けるにあたってホセとレッスン方法について事前に話し合いました。レッスン中はスペイン語オンリーで進めること。僕が理解できなければ英語を使って説明してもらいますが、それ以外レッスン中の英語使用を禁止することにしました。僕はメキシコ、キューバを2ヶ月間旅してきました。基本的に会話帳の類や参考書などは一切見ず、音だけをひたすら拾い続け、人との会話から本当に必要な単語だけを覚えている程度、会話などまったくできない状態から始まり、後半は決まった場面であればある程度言っていることがわかる感じになっていますが、言葉の訳はもちろんで出来ず。単純にこの音が出た時はこんなことを聞いているのだというくらいの理解度でした。

ホセのレッスンはグラマー中心でアルファベットから始め現在、過去、未来をこれまで習っています。動詞の活用は未だに不明瞭でいつもホセに直されてばかり、ボキャブラリーも思ったより増えずこれまた”これは何て言うの”と聞く質問ばかり上手くなっています。それでも現在は片言のスペイン語で日常生活、簡単な日常会話くらいならできるようになっています。

正直、2ヶ月でここまで話せるとは思っていませんでした。英語留学の時、僕が自分の思っていることを相手に伝えられるようになりだしたと感じられたのは3ヶ月が過ぎたあたりからです。それは中学高校の基礎と日本で若干勉強をしていたことがあっての話。スペイン語はまったくのゼロでしたから半年はかかるだろうと思っていました。僕の年齢、覚えの悪さを考えればこれは異例のことです。おそらく英語の基礎があったので文法や喋ることへの恐れがなかったことがいい結果になったのだと思います。

これからちょっと早いと思いますが、武者修行の旅へ出ます。1ヶ月半後ここに戻ってくる頃には習ったことをきちんと言えるようにしておきたいものです。

Pocket
LINEで送る

スペイン語留学のまとめ 2ヶ月の成果はいかに!どのくらい話せるようになったかをお見せします」への2件のフィードバック

  1. 上岡正明

    すごい。英語からいつの間にか、スペイン語ですか? 1年は早いものです。 EBで一緒だった上岡です^^会社経営者の。 目的が明確であれば、マスターも早ですね。

    返信
    1. HIDEKI 投稿作成者

      マサさん、お久しぶりです。今はスペイン語を習っています。英語の土台があるおかげで随分と楽に感じますが、2つの言語を話すことの難しさも実感しています。とにかくごちゃ混ぜになってしまい。虻蜂取らずに立なっています。あれだけしゃべれた英語がパタリとしゃべれなくなってしまうのは不思議ですね。やはり使い続けないとだめだなぁと実感しています。今後の課題は切り替えですかね。FBでご活躍は拝見していますよ。頑張ってください

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です