スペイン語留学10週目 未来を語る

ハイキングの疲れと筋肉痛。気持ちはスッキリして朝の町に出かけていく。いつも通りカフェに寄り勉強。コーヒー、パンケーキを頼む。伸びて寝癖のついた髪を触りずいぶんと長い時間髪を切っていないことに気がつく。コーヒー飲み、宿題を見直しながら今日の夕食はペペロンチーノにしようと決めた。周りから聞こえるスペイン語が聞き取りずらい。またしても小スランプかもと少し怯えつつもいい兆候なのだと考えに至る。店の主人がやってきて調子はどうか?筋肉痛は残っているか?よくなったのか?と話しかけてきた。トダビア テンゴ ドロール ペロ メホール グラシアス と答えた。主人は満足げに笑うと湖の方を遠い目でみやってから戻って行った。

カフェを出て学校へ向かう。途中クリーニング屋に立ち寄り洗濯物を頼む。お気に入りの娘はあいにくゴミ出し中でもう一人の娘が対応してくれた。こちらの娘も愛想がよく可愛らしいがやっぱりさっきの娘の方が数段かわいい。いつも通りの会話を交わしケ テンガス ブエン ディアと告げるとイグアルメンテと返された。気分良し。先ほどのかわいい方の娘はまだゴミと格闘していたがゴミにまみれてもかわいい物は変わらないのだと知る。

学校へと向かう道すがら今日が2月29日だと気がつく。4年に1度1日得するのだか損をする日だ。今年はちょっと得した気分になっている。
46日目

いよいよ10週目が始まりました。ちょっと不安と焦りの入り混じるスタートです。土曜日曜とあまり人の言うことが聞き取れず、言いたいことが口から出てきませんでした。ちょっとしたスランプかもしれません。でも今回は自分を保つことができています。この後に伸びるであろう兆候を感じています。それを具体的に説明することは難しいのですが、フィリピンの時から何度か味わってきたモヤモヤとしたこの感じは産みの苦しみだと自分では思うことにしているのです。

 

レッスンは雑談から始まりました。土曜日の登山、筋肉痛のことなどを話し、料理などのこと、隣で開かれた誕生日会のことなどを話していきます。ホセの質問がイマイチ聞こえません。自分の状況を説明したのです。一つ一つ単語を拾い集めながらゆっくりとたどたどしく話をする僕をホセは忍耐強く待ってくれます。1時間ほど話していると不思議と楽になってきました。

 

土曜日の夜、隣で開かれていた誕生日会は15歳の女の子の誕生日を祝うものでした。とても盛大で大勢の人が集い夜遅くまで歌ったり踊ったりしていました。その盛り上がりを話すとホセは”ここでは15歳の誕生日はとても大切なイベントなんだ”と説明してくれました。15歳は子供から大人へと変わる節目となっているそうです。周りから認められ結婚もできるそうです。今でも若くして結婚することもあるということでちょっと驚きました。

 

祭り事の時に玄関から家の中にかけて松の葉っぱを一面にまいているのをよく見かけます。あれはなんだと聞くと松には特別な力が宿っていると考えられていて、松の葉はとてもいいアロマを持っているから祝い事の時にまいてあるのだと教えてくれました。また松の樹は丈夫なので家の柱に使うし、壁のブロックに使うレンガは昔は松の葉と泥を混ぜて作っていてよく見かけるブロックとは違いとても丈夫で内戦時には弾が貫通しないのでたくさん作られたそうです。また松風の音も特別なものでマヤの人が宇宙とのコンタクトを取るために利用するとも言います。まさか日本人と同じように松風を聞く民族がいるなんて思いもしませんでした。他にも薪の焚き付けに松ヤニを使ったり、松ぼっくりを使って燃料にしたり、薬として使ったりと余すことなく使い切る知恵は見習うべきことがあると思うのです。

 

雑談が終わり宿題です。今日は間違えも少なくすんなりと終えることができました。文法的なことがしっかりと頭に入り出してはいるようです。未来形を習い始めています。英語で言えばbe going to と willです。ちょっと使い方は違いますが動詞の活用が少ない分かなり楽に感じています。未来のことを語れるようになるのは嬉しいものです。希望や決意をスペイン語でも話せるようになれるなんてちょっと鼻高々な気分です。あと2週間できれば文法を一通りやってしまいたいものです。

 

今日の一言
僕の旅の恩人の一人、モギモギが入籍することになりました。彼女とはかれこれ7〜8年越しの友人で、英語の恩人でもあります。人生の節目で僕の背中を押してくれたのは彼女だけでした。人柄もよく可愛らしい彼女。彼氏のけんちゃんとも仲がよく幸せになること請け合いです。うちに遊びに来たりしてくれたことを思い出し、少ししんみりとした気分になってしまいましたが、二人の門出です。祝福の気持ちを込めて”おめでとうございます”と心からお伝えします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です