スペイン語留学9週目 頭でっかちだな

新しい週が始まった途端にちょっとスランプ?なんとも安定しない僕のスペイン語、日によるムラがありすぎです。土日はかなりリラックスしてしまったのもいけなかったかもしれません。

今週は”しゃべる”ことに重点を置いてレッスンを進めるとホセがいいます。僕もそれに大賛成です。文法中心に進めてきましたが、どうも頭でっかちになってしまって話すことができません。考えすぎてしまうのです。テクニカルなことにこだわりすぎてしまいます。まるで数学を解くように文章を理解することはできるのですが、それを使えない状態が続いています。ホセもそれに気がついたようで、軌道修正をすることにしました。点過去、線過去を習った僕は今までより喋れなくなってしまいました。理論的には使い分けがわかっているのに感覚的に全然分からず、どう使っていいのか戸惑ってしまいます。話していてもそればかり気になります。間違えるとホセはすぐに訂正してくれますがそれがまたプレッシャーとなります。気になってしまい話す気が失せてしまいました。

原因ははっきりしています。動詞の活用を覚えていない。これに尽きます。似たような活用が多く、使い分けができないのです。宿題が出てもこんがらがってしまい。一向に前に進めません。たった20行ほどの文章と何時間も格闘しています。ホセのレッスンはとてもいいのですが、他の生徒の話を聞くと宿題もないし、それほどストイックではないようです。心がグラグラと揺れ出しました。先生を変えてみようか?思い切って1週間ほど休んでみようか?と逃げの姿勢がムクムクと湧き上がってきます。毎日の勉強に追われ過ぎてじっくりと自分の状態を考えることができていないのかもしれません。

うーん困った!楽しさを忘れている状態はあまり良い状態とは言えません。宿題が終わらないので今日はちょこっとだけです。
今日の一言
宿の奥さんとその姉に料理を教えています。若干スランプ気味の今、それはとっても難しいのです。それでも今日はチャーハンを教えました。食べて喜ぶ二人を見るとやめたいとも言えないし、うーんこちらも困りました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です