土日通信 カヌーに初挑戦!今日は息抜きです

アティトラン湖でカヌー遊びができると聞いてちょっと行ってきました。1時間15ケツアレスを10ケツアレスに負けてくれました。湖に漕ぎ出し魚がいそうな岬へ向かいます。意外と進むのでちょっとびっくりです。持ってきた釣竿をセットして早速釣りをすると小さなブラックバスが掛かりました。久しぶりに釣ったので楽しくて仕方ありません。とてもいい息抜きになりました。おそらく魚の乱獲で生態系は相当乱れていそうな感じでしたが、本格的にやれば結構釣れそうな気がしました。

カヌーは足を前に放り出すように座るので漕いでいると結構背中が疲れます。運動不足の体にはもってこいの運動だと思いました。安いし、手軽だし、近い。安近短とはよく言ったものです。これからたまには行ってみようと思います。

食事について
この街の人の食生活は鶏肉が中心です。野菜が極端に少ないので自炊に切り替えました。毎日野菜たっぷりというよりも野菜しか食べていません。この宿は冷蔵庫がなくちょっと不便なのです。こちらの家庭での冷蔵庫普及率もあまり高くありません。市場が午前中で閉まってしまうので昼食が1日のメイン料理になります。肉や魚などを保存できないのでそうした食生活になっているのだと思います。主食はトルティーヤといってトウモロコシの粉を練って焼いたものです。どんな時にも必ず出てきてパスタでもご飯の時にも食べています。ちょっと違和感を感じますが、ご飯が主食の日本人はうどんにご飯、ラーメンライスもあるのでそんなものだと思っています。

市場には結構な野菜が売っていてあまり困ることはありません。スペイン語名を覚えるのが一苦労、それとボッタクリが普通にあるので交渉も必要です。調味料もまぁなんとか揃いますが、バラエティは少なくちょっと味付けに苦労しています。それでも現地で手に入る食材で、日本食に近い味付けを考えるのは楽しいものです。毎日工夫しながらなんとか美味しく作れているので最近は随分と食生活が改善されました。やはり肉ばかりでは飽きてしまいます。魚は基本的に湖で獲れるテラピアとブラックバス、たまに鯉も見ますがあまり新鮮ではありません。テラピアは日本でも温泉街などで出される魚なので食べたことがある人はいると思いますが、それほどは知られていないでしょう。味はタイに似た白身でそこそこですが見た目はちょっと気味が悪いのです。台所事情もあって魚は買っていませんがそのうちチャレンジしてみましょう。

これといった娯楽もないサンペドロ、なんでこんな街が観光地として栄えているのかわかりません。毎日のようにパックパッカーが訪れるこの街なにが魅力なんでしょうね。僕は語学留学が目的ですがそうでない人たちにとってはそんなに魅力的には映らないと思うのですが不思議です。
今日は久しぶりにのんびりとできました。たまの息抜きは必要です。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です