スペイン語留学5週目 サルサを踊る

22日目 元の木阿弥

今日から動詞の過去形活用が始まりました。活用がまた変わります。これまでやってきたことがガラガラと音を立てて崩れ落ちていくような感覚でした。これまで理解できていた単語も聞き取れません。原型を言われても呆然としてしまいまったく思い出すことができません。これまでの苦労はどうなったんだと思うほど鼻をへし折られました。活用が変わるだけでここまで変わるものなんだと感心しながらも、これまでやってきた動詞すべてにこの活用を当てはめていかなければいけないのかと思うとうんざりしてしまいます。それでも今日はレギュラーの動詞活用だけでイレギュラーの活用はまだやってもいません。他にも未来形があるのです。つくづくスペイン語は動詞中心の言語なのだと思います。

でも人称によっては現在形と変わらない活用もあるのです。不思議に思った僕はホセに質問しました。”過去形と現在形で言い方が変わらないのにどうやって区別するんだい?”するとホセは”昨日””先週”と付け加えれば過去形だと判断できるといいます。どうしようもないとわかってはいるけれどもさらに食い下がります。”だったら他の活用もそうすればいいのに”といいました。ホセは時間のことをいちいち入れなくてもわかるのだから便利だといいました。確かにそうなのですが勉強のたいへんさに僕は弱音を吐きたくなったのです。まぁモソモソと進むしかありません。

それでも毎日のように変化を感じるスペイン語学習はモチベーションを維持しやすく、学ぶには楽しい言語かもしれません。習いたてのセンテンスを市場やホテルの人に使うとちゃんと通じる楽しさがあります。多少発音が悪くても、文法として間違いがあっても彼らは理解してくれるのです。アメリカやカナダで経験した「ハンッ!」と投げ捨てるような言葉とともに”何言ってんだこいつ”的な顔をされることがないのです。これは初心者にとっては嬉しい限りです。スペイン語の良さはそんなところにもあります。幸い過去形を市場で使うことはないので自信を取り戻せるのです。

昨日最後に書いた問題もあるということにちょっと触れておきます。英語の癖が抜けないのです。onecという単語があります。これを僕は何度もワンスと読んでしまうのです。実際の読み方はオンセと読みます。意味は11です。そう英語読みがどうしても抜けないのです。gimnacioはジムを意味します。読み方はヒムナシオです。これもどうしてもジムナシオと読んでしまうのです。他にもたくさんあります。意識して読んでいるときはいいのですが油断するとすぐに英語になっています。話しているときも英語が混じってしまったり、英語を話しているときにスペイン語が混じってしまったりと自分でも訳がわかりません。英語を母国語とする人たちやヨーロピアンのように数カ国語を話せる人たちはどう切り替えているのかと聞いてみたいものです。

もう一つとっても危ない奴と思われる可能性大ですが、シャドーイングのすばらしい教材を見つけました。サンペドロは教会がたくさんあります。いつもどこかで牧師さんが説教をしています。これのリズムがとてもいいのです。比較的短いセンテンスで大きな声で語っているのを何気なく聞いていてこれなら言えるかもと思ったのです。教会の外で牧師さんが喋ったあとに続いて同じように喋ってみるとこれがなかなかの感じで言えるのです。意味などは度外視で楽しくなって結構な時間やっていたら近くで座っていたおばさんに笑われてしまいました。次回からは通りすがりながら口ずさむ程度にしておかないとレッテルを貼られてしまうので気をつけなければいけません。でもさすがは布教を仕事にするだけあってとても聞き取りやすく、繰り返しやすい簡単な言葉で話すものです。僕のように汚れてまくった人生を送ってきた人間が今更神さまもありませんが救いの手はここにあったかと笑ってしまいました。

サルサを初めて踊る
学校では週に2回ほどアクティビティーが催されます。今日はサルサ教室でした。僕はダンスを踊ったことなどありません。でもとても踊ってみたいのです。クラブダンス、タンゴ、サルサなんでもいいのです。もしダンスを踊れたら人生の喜びを感じることができそうな感じがするのです。開始の時間の6時を待って学校へ行きました。恥ずかしがり屋で人前に出ることをあまり好きでない僕ができるのかと心配しました。最近はこれまでやりたくてもできなかったことを積極的にやってみることにしています。カラオケ以外ならなんでもやりたいのです。おっかなびっくりレッスンを受けます。サルサが流れ簡単なステップから入ります。3つほどステップを覚えてから他の生徒さんと一緒に踊ります。自分でも本当にリズム感がないなぁとがっかりしながらも楽しめました。少しずつ慣れてきた頃にパートナーの手を取りクルクルと回してあげる技に挑戦です。パートナーのリードもあって楽しく踊ることができました。悲しいかな日本人丸出しで盆踊りのようなものではありましたが初体験のサルサはとても楽しいものでした。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です