旅の第3章の始まりです

旅は一旦中断です。でもグアテマラの様子は随時配信します。

グアテマラのSan Pedro La Laguna(サン ペドロ ラ ラグーナ)という町に着きました。この辺りにしばらく滞在してスペイン語を勉強します。すでに学校も決まりレッスンも始まっています。毎日があっという間に過ぎてしまってブログ更新がままなりませんでした。久々の更新になります。写真もアップしたいのですがWiFiが遅く今は難しいので今日は近況を報告するだけになります。

やっと辿り着いたというのが感想です。メキシコ入国から3ヶ月。僕は言葉ができないながらも無事に目的の地へたどり着くことができました。荒涼としたバハカリフォルニアの大地に驚き、転倒落車を経験。アレヨアレヨという間にフェリー乗せられて、到着先でクレジットカードの盗難に気がつき焦りました。連れ込み宿に泊まり、食べるものはほぼタコス、灼熱の荒野で食べるラーメンのうまさとそのあとに来る汗だく地獄に辟易としながら辿り着いた日本人宿のなんと居心地の良いこと。そこで教えてもらった情報を頼りに南下、途中台風の影響で大雨に降られる毎日、全身ぐしょ濡れになりました。漁村では少年に釣り具を盗られかけるトラブルもあったけど正直な一人の子供に助けられ心が癒されました。遺跡をみて回ってもイマイチでちょっとがっかりしながら辿り着いたカンクン。メキシコの良さを改めて感じられる素晴らしい経験が待っていました。人生初の沈没を経験し、ダイビングのライセンスを取得。素晴らしい友人たちと過ごす日々は気がつくとひと月を越えていました。その間キューバに行き釣りをしたり、見て回って嗅ぎまわりキューバの魅力にすっかり捕らわれてしまいました。

移動に明け暮れた北米と異なり日々の移動距離を抑えての旅の思い出は景色から人へと変わります。旅先で親切にしてくれたメキシコ人たち、僕に少しずつスペイン語を教えてくれました。少しずつスペイン語が耳に残ります。不思議なことに相手が言っていることはわかるようになりました。英語の時とはちょっと違ってまったく聞き取れないことがないのです。こちらが言っていることもなんとか伝わっています。言語とはつくづく不思議なツールです。

ベリーズに入ると状況は一変します。まったく不自由を感じないのです。大雨に降られ最悪な状況でしたが言葉が通じる心地よさを存分に感じられた国でした。ちょっとグアテマラに向かうのをためらってしまうほどです。再びのスペイン語圏いよいよグアテマラです。ここから先はブラジルを除きすべての国でスペイン語になります。入国にちょっと手こずりましたが順調なスタートと思いきや、いきなりの山賊遭遇にたまげました。かなりトラウマになっていてバイクで走っていても人がいるとドキッとします。これまで休憩は人気のないところでのんびりしていましたがそれができずに走りっぱなしになってしまいます。道も所々悪くていよいよ本格的になって来ました。バイクのタイヤやブレーキに不安を抱えての旅でしたがようやく目的地に到着です。

グアテマラでスペイン語留学が有名な場所はアンティグア、ケツアルテナンゴ、サンペドロ ラ ラグーナの3つです。それぞれに特徴がありどこも引けを取りません。場所も互いに近いので最初はケツアルテナンゴに行こうと思っていました。温泉もあるし評判も良かったからです。でも急遽ここサンペドロ ラ ラグーナに変えた理由は町の雰囲気を一発で気に入ってしまったからです。それが吉と出るか凶と出るかこれからの数週間で結果が出ます。この辺りの町でスペイン語留学と語学を学ぶことについて配信していきたいと思います。フィリピンで手に入れた旅のツールをさらに確かなものへするために旅は一旦中断です。グアテマラには温泉もあるので落ち着いたら休みの時に出かけてみようと思っています。そちらの記事もお楽しみに。
語学留学第2弾スペイン語留学編をこれからお届けします。

去年の暮れから始まった英語留学は大成功でした。まだ十分とは言えませんが日々上達を感じています。コミュニケーションに困ることはほぼなくなりました。感情を表したり、込み入った話はまだ苦労していますが、それは日本でも同じこと僕は人と話すことが苦手なんです。でも英語を使っている時は日本人に対しては言えないことも話そうとしている自分がいます。それはとても不思議な感じです。英語の効能なのかもしれません。スペイン語はどうでしょうか?拙いものではありますが日本語を喋っている時と同じ感覚があります。すでに僕はスペイン語を感じ始めている気がしてならないのです。積極的に質問しますし、自分のしたいことを諦めることなく遠慮せずに言っているのです。音だけを頼りにここまで来ましたが、そろそろ本格的に取り組む頃合いです。言語のパズルがいつ、どのような形で1枚の絵を描き出すのかとても楽しみです。
まずは学校紹介
にあるMayabという学校で学ぶことにしました。まずは1ヶ月。スペイン語の基本をメインに習います。

環境
学校は湖畔近くにあり教室は屋外です。茅葺屋根の下でホワイトボードと机、それと椅子二つだけのシンプルさも気に入りました。老眼の進んだ今日この頃、暗い部屋の中で細かな字を読むのが苦痛なので外の教室は願ったりかなったりです。ここには犬がいてゲッと思いましたがとてもいい子で1匹は僕にいきなり懐いてしまい離れようとしないのです。
レッスンについて
レッスンは月曜日から金曜日まで週5日。1日4時間マンツーマンで行います。フィリピンの時は6時間でしたが、まったくの初心者なので復習に時間も必要になるでしょう。今回は4時間としました。学校の人がいうには2週間ほどで喋れ始めるようになるといいます。僕が驚いた顔をすると学問じゃなくてしゃべるだけだよと言っていますが、それが望みの僕にとってはとても心強い言葉に聞こえました。

先生について
ホセというマヤ族の男性が先生です。ちょっと強面ですがとてもいい先生だと感じています。教え慣れている感じでスペイン語の体系をわかりやすく教えてもらっています。英語が堪能でアメリカンアクセントの英語を使うのでコミュニケーションが非常に取りやすいですが、レッスンの間は極力英語を使いたくないと申し出ると快く理解してくれました。

レッスンの内容
abcから始まって単数、複数、男性名詞、女性名詞、動詞の活用、質問の仕方、答え方、エクスプレッション、挨拶と徐々に会話につなげられるように基本的なことをやっています。ボキャブラリーが圧倒的に足りないので毎日100近くの単語が新しく現れてきます。それを覚えるのは大変でレッスンよりもそちらに苦労しています。いざ喋りたくても単語が出てこない苛立ちをいつも感じています。

ホームステイ
マヌエルさん一家のお宅でホームステイしています。朝から晩までまさにスペイン語漬けですが一家の皆さんがとても親切で助かります。奥様のマヌエラさんは少し英語ができます。時たま僕が英語を教え、彼女がスペイン語を助けてくれます。旦那さんのマヌエルさんもまるでカランのレッスンをしているように短文を言ってくれ繰り返し反復してくれます。息子のヂスネイは僕の良き先生、8歳の彼は何回でも同じことを繰り返して僕に色々と教えようとしてくれます。こちらがわかろうがわかるまいがお構いなし。それがかえって僕にはいい練習になるし、何回聞いても嫌な顔一つしないので僕には最高の先生です。弟のマヌエルはお父さんと同じ名前、まだオシメが取れていないので喋るのもあまりうまくありませんが僕より数段聞き取りができるし、自己主張が強いので単純な言葉を覚えるにはもってこいです。

食事は日曜日を除き1日3食作ってくれます。量や質にはちょびっと不満はありますが、彼らも同じ食事をしているのでそれはそれで興味津々です。町がとても小さいのでちょこっと散歩に出かけるのも楽ですがとても急な坂道ばかりで運動不足の僕にはちょうどいい運動になっています。小さな路地が多く迷路のようです。尾道を連想させるような街並みでしょうか。人々もフレンドリーで気軽に挨拶してくれるし近所の青年たちも僕に興味津々です。空手はできるか、日本は寒いのかなど質問の嵐にたじたじとなっています。

1日のスケジュール
朝6時に目が覚めます。朝方は冷え込むので自然に目が覚めてしまいます。
7時 朝食 8時前には家を出てちょっと遠回りをしてカフェでコーヒーを飲みながら復習をします。ガテマラのコーヒーはとても美味しいので嬉しくなります。
9時 学校
13時半帰宅 昼食
帰宅後は様々なやらなければならないことをこなしています。それと子供と遊ぶこと、毎日色々な遊びをしていますがディスネイはチェスが上手で僕は1回も勝てません。遊んでいる間もスペイン語なので疲れた頭にはちょっときびいしいです。
7時半 夕食
11時就寝 本当はもっと勉強をしていたいのですが、部屋の電球が暗くて字が読めないのです。それにみんな寝てしまうのであまりうるさくもできないし、これにはちょっと困っています。ある程度スペイン語に慣れてきたらアパートを借りて一人暮らしも視野に入れて物件を物色中です。
マヤの儀式に参加する
学校の校長先生はなんとマヤ族の祈祷師(シャーマン)でした。彼は宇宙とつながることができるらしく。小さな儀式を行うというので参加させてもらいました。小さな庭の中心で火を焚いてマヤ語で何か言いながら、マキをくべていきます。とても真剣な様子でこちらも真摯な態度で臨まなければならないと背筋を伸ばしてしまいます。小さな儀式なので時間的には小1時間ほどですがとても興味深いものでした。これについては後日もう少しまとめて書こうと思っています。

ともあれいよいよ始まったスペイン語留学、更新はWiFiとの相談で随時上げていく予定です。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です