旅は道ずれと言いますが道連れの意味が

IMG_3503旅は道ずれと昔から言います。情報もなく旅先に知人もいない。そんな旅には大きな不安が付きまといます。同行者がいるということはとても心強く感じられるのです。毎日狭い車内でひたすら走るだけですが悲喜こもごもがあってとても楽しいのです。すべてが上手く運ぶわけではありません。でもそれがまたとてもいいのです。

 

 

IMG_3515IMG_3664IMG_4629

 

 

 

 

日が長いアメリカでは7時8時まで移動する事が当たり前だった僕の旅でした。でもこれは日本で考えるとちょっと遅い事は当たり前の事です。旅に慣れていない二人の事を考慮していませんでした。トモさんはかなり不安を感じている様子です。3時を過ぎたあたりから口数がガタリと減ってしまいます。西側での余裕が欲しい僕は移動の距離を稼ぎたいと思っています。アラスカ、カナダで移動距離の短さに泣いてきたので、このペースではかなりきつい事がわかりました。特に見るべきもののない東側を移動するのは正直、辛いものがあります。サエコさんがうまく取り繕ってくれるのがありがたいと思いました。でもせっかくの旅ですからなるたけ楽しんでもらいたいと思いスピードを上げる事にしました。

IMG_3755 IMG_3712 IMG_3720

 

 

 

 

宿代がかかりすぎるとサエコさんが心配してます。確かに高めの宿しか見つからなかったのです。ちょうどホリデーにぶつかってしまい。安いモーテルはどこもいっぱいです。東側がこんなにキャンプ場がないのには僕も予想外でした。節約と早い場所決め、移動距離の問題が僕を悩ませます。トモさんの心配は日増しに大きくなっているようです。一人旅と勝手が違うのがこうした旅の難しさなんだとわかりました。やっと西側にたどり着き、観光と移動のバランスが取れ始めた時にはすでにトモさんの不信感を拭うには遅かったようです。キャンプと宿のバランスを上手くとれず、洗濯やシャワーなどでも我慢を強いてしまう結果になってしまいます。

IMG_4234 IMG_3674 IMG_4232

 

 

 

 

もう少し観光と移動のバランスがよければいいのですが、初めての道中では思うようにいきません。でもたった一人でのバイクに旅に比べるとその快適さは比べものになりません。エアコンが効き、体を自由に動かせて、喉が渇けば運転しながらでもコーヒーを飲めるし、お菓子も食べられます。移動速度も比べものにならないほど速く安全です。後部座席の二人の会話を聞いているだけでも楽しいのです。きっと僕にはいい道連れが出来、彼女らにとっては道連れにされたと感じたでしょう。旅は道連れ、世は情けと続きますがこの旅では情けをいただいたのは僕ばかりでした。

IMG_3666 IMG_3761 IMG_4232

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です