タイヤ交換とオイル交換とアラスカ博物館と

imageダルトンハイウエイに挑戦することになりました。僕にはかなりの挑戦です。ビジターセンターへ行き情報を集めます。冊子を渡されたので熟読しておきましたが、かなり腰が引けている状態です。ページをめくるといきなりUltimate Road Adventureと見出しです。読んでみます。

 

 

ダルトンハイウエイは荒れた工業用の道でフェアバンクスの北134キロから662キロにある”死んだ馬町”まで伸びる道ですと始まります。リスクとチャレンジに富んだ道だから何を準備するかよく注意して読みなさいと書かれていました。

行く前に知っておけ
北極海には行けないよ。もし行くなら事前に申し込んで許可を得なきゃ行けないよ
800キロの間、病院はないからね
食べ物、ガソリン、乗り物の修理だって本当に限られてるよ
電話もネット繋がらないから衛星電話を使いなよ

フェアバンクスを出る前に用意しておきな
蚊が凄まじいから虫除けとネットは絶対だ
バイクのチェックは全てしておけよ
予備のガソリンタンクと水のタンクは持ったかい
食べ物とサプリは自分で用意しな

タイヤのスペアは2本持ちな
減ったタイヤはダメだぜ
もしもの時の打ち上げ花火は必須だよ
CB無線を持ってきなチャンネルは19だ
サングラス持ったかい
雨具は持ったかい
温かい服を用意しな
食べ物、飲み物も
キャンプ道具だって必要さ
薬も用意しなよ
トイレットペーパーと手洗い用の石鹸もな
ゴミは袋に入れるんだぜ

走る時には気を付けな
でかいトラックがいるから端っこを走りなよ
もしすれ違ったり抜かされる時は石が跳んでくるから気をつけな
いつも人から見えるようにしておくんだぜ
ハンドルさばきに要注意だ
綺麗な場所でも止まっちゃダメだぜ
いつも後ろに気を付けな
どうしても止まりたいときは本当に気をつけるんだぜ

ここはクマの国なんだ
あんたがクマに出会う可能性はどこでもあるのさ
白も黒も茶もいるからな
怪我をしていたり腹が減っている奴は本当に襲ってくるからな
2006年にはやられちゃった人がいるからな
クマが出たらよく見て聞きな、決して叫ぶなよ
音を立てるんだ、絶対に近ずくなよ、キャンプでは綺麗にしておけ

絶対に走るんじゃない
近寄ってきたら体を大きく見せてやりな
もし襲ってきたら死んだふりをせずに戦え、クマスプレーの出番だぜ

全部読んだか?宿題は終わったか?
よし、綺麗な場所やいいことがあるからよ気をつけて行くんだぜ
楽しんできな、一応、いいことや楽しいことができるようにちょっとだけ教えておいてやるからよく読んできな

image image image

 

 

 

 

まるで来るなと言われているような気になってきました。でも北の果ての道の終点。ちょっと夢があっていいかなと思います。世界の果てまで行けるのですから。バイク屋に行ってタイヤとオイルを買い自分で交換することにしました。バイク屋の人は庭を貸してくれました。オイルパンも用意してくれとっても親切です。どこから来たの、どこに行くのと色々と質問され僕は全くの初心者なんだというととてもよくいろんなことを教えてくれました。
作業のやり方はウインドベルのモリガミくんにちゃんと教わっています。でも少し不安があったので同行してくれる竹森さんも一緒に手伝ってくれるとことになりました。

imageimageimage

 

 

 

 

2時間後どうにか作業を終えることができました。昼ごはんはサンドイッチとコーヒーです。
そのあと大学の中にある博物館に行きました。とても面白い博物館で1日中でもいられそうです。アラスカで頑張った日本からの移民のことや、もちろん動物も。オーロラ、エスキモーの文化に至るまで盛りだくさんです。星野道夫氏の展示もありました。2時間ほど過ごして買い物に出かけます。食料や必要なものを揃えて準備万端整えました。ざっと雨が降り日が差し込むと大きな虹が2つ現れました。いいことがあるんだと信じてみようと思います。

image image image

 

 

 

 

imageimageimage

 

 

 

 
明日は早朝に出発、300キロ先のコールドフットまで行く予定です。北極圏に突入です。

情報
フェアバンクスの街は大きく、バイク屋や4〜5件ほど、YAMAHA、Kawasakiのディーラーもあるので大抵のものは手に入ります。
REIの店というアウトドアショップがありとても大きくてガスカートリッジや燃料も普通に買うことができます。
ウォールマートやスーパーも点在しているのでなんでも揃えることができるでしょう。カナダよりかなり安いのでアラスカに入ってから購入したほうが断然お得です。
街の中にあるビジターセンターは情報豊富です。必要な情報は聞けばほぼ手に入れることができると思います。僕もダルトンハイウエイの冊子をここでもらいました。
ホステルは何軒かあります。現在27ドルが僕の調べた限りでは最安でした。キャンプ場もたくさんあるのでそちらもオススメです。

Pocket
LINEで送る

タイヤ交換とオイル交換とアラスカ博物館と」への2件のフィードバック

  1. あおき

    おひさしぶりです。
    基本、運転し続けるってことですか?
    止まっちゃだめなんですか?
    博物館いいなー面白そう。星野道夫さんの本また読みたくなりました。

    返信
    1. HIDEKI 投稿作成者

      あおきさん
      運転し続けた感じはあります。でもキャンプはとても楽しめたんですよ。とても強い風の中でもあおきさんが選んでくれたドマドームはビクともしませんでした。ありがとう。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です