ウイスラーでの滞在 まさかの細菌感染で足止め

現在の状況

image左足の親指付け根にできた魚の目からバイ菌が入ってしまったようです。指から甲にかけてパンパンに腫れ上がり靴すら履けないほどになってしまいました。ウイスラー内の診療所に行き診察してもらいました。翌日も腫れがひどいようであれば点滴を打つと言っています。まさかまさかの出来事に出鼻をくじかれた格好です。フィリピンを出てからずっと忙しかったので、疲れも出たのでしょう。丁度良い休息だと思うことにしました。初めて海外で診察を受けました。旅行保険を使うのも初めてです。保険屋さんの金子さんにメールをしましたが夜中のため、しおりを見て担当の番号に電話をかけました。すぐに現地の病院と担当者の方を紹介してくださり、キャッシュレスで診察を受けることができました。ドクターの話もほぼ分かります。2〜3日は靴を履かないように言われ、患部を温めるように言われましたが、腫れているのに温めることはちょっと勇気がいるのでやめときました。薬局に行き薬を処方してもらいました。タブレットが大きくちょっとためらいがありますが言われた通り4時間おきに2錠を飲んで様子を見ています。

image2日前からウイスラーに住む野口さんのお宅にお邪魔しています。ウインドベルのカナタニさんに紹介していただきました。静かな森の中にあるお宅はとても居心地がよく、こじらせていた時差ぼけもだいぶ治まってきました。雨が降ると森の匂いが辺りに充満してとてもリラックスした気持ちになれます。野生動物も多くクマやクーガーも見ることができるそうですが会いたくはありません。この辺りのことをとてもよくご存知の野口さんからたくさんのことを聞かせていただきました。カルチャーセンターに行き原住民の歴史を説明してもらったり、付近の地形などimageimageimageをも教えていただいています。足の様子を見ながらキャンプにも連れて行っていただく予定です。

実はウイスラーは2回目の訪問です。とは言っても25年前の話です。当時の記憶はかすかに残っていますが、こんなにいいところだったのかと改めて気が付きました。今は大変高級なリゾート地として知られています。高級なホテルが立ち並び、セレブのリゾート地と成っています。治安もよく安心して暮らせる場所だそうです。確かに人は優しく、暮らしにも余裕があります。

imageimageimage

 

 

 

 

imageimageimage

 

 

 

 

ここウイスラーにもフィリピン人のコミュニティーがあり彼らはとてもよく働いているとのことです。あまり街中では見ることがないのが残念です。

ウインドベルの皆さんにはとてもよくしていただいています。バイクのことはもちろん、お食事に誘っていただいたりYOSHIさんのお宅でBBQをご馳走になったり、ツーリングにも誘っていただきました。さてバイクに全部の荷物を積んだところで問題発生です。荷物が重すぎてバイクのスタンドが立ってしまい、http://kamomosi.com/wp-admin/post-new.php#倒れてしまいます。スタッフの方の発案でスタンドを切って溶接し直すことになりました。荷物を減らすことも考えなくてはなりません。不要な物は処分することにしました。とは言ってもだいぶ厳選して持ってきた荷物なので早々減らすこともできず、野口さんのお宅で奮闘中です。消耗品もかなり持ってきてしまったので迷うところです。カナダではなんでも揃いますが物価が高いのです。トイレットペーパーなどは日本の半分ほどで5$以上します。

今日は感謝の意味を込めてウインドベルのスタッフの皆さんを紹介します。

image先生のテルくん。腕前と教え方は一流image

アキさん。師匠と呼ばれています

 

 

imageimageヨシさん。BBQをご馳走してくれました。カナディアンドリームの達成者です

ショウノスケさん。優しくて男前です

 

 

imageノリコさん。職場のマドンナ、おかみさん?みんなが一目置くなんでもテキパキ全てを仕切るスーパーレディーです。あまりに美人なため注文が殺到すると困るとのことです。近影は自主的に遠慮しておきましたが本当にお綺麗な方です。

 

 

日々雑誌
ブログの更新は毎日より不定期の方が書くのが難しいのです。書きたいことを全部書くととんでもない量になってしまいます。かと言ってはしょると何を書いているのかわからなくなってしまうのでちょっと書き方を考え中です。テーマが旅になり、なんでも書けるようになったはずなのにかえって難しくなってしまいました。
バイクのこと、装備のこと、旅そのものや出会った人のことを書いていこうと思っていますが、しばらくの間、とりとめのない話になってしまうかもしれません。

まずは足を治さないことにはどうにもなりません。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です