フィリピン留学20週目 作文は続くの巻

IMG_20150429_210002毎日、即興で作文をします。アリスがランダムに選んだ同音異句の単語を2つから3つ使って同じセンテンスの中にいれて作文をします。これがなかなかの曲者でうまくいきません。

 

 

nose- knows
He knows that elephant has long nose.
のように作っていきますが、イマジネーションとグラマーの力が試されます。うまく作文ができない時は言葉で状況を伝えなければなりません。アリスは言います「グラマー的には問題ないけど、すごく変な言い方」「言い方は大体あってるけど前置詞が2つと大切な言葉が一つ抜けてるわ」「なにそれっ」「意味がわからない」などと言われながらも次へ次へと進んでいきます。なにせ全部で91文も作らなければいけません。

単語の意味を忘れていることを見抜かれるとそれぞれ説明をさせられます。まるで連想ゲームのようにヒントをもらいながら答えますが「全然違う」「何のことを言っているの」「あー私は悲しい、ヒデさんナイフ貸して」と叫んでいます。四苦八苦しながらのレッスンですが僕はとても楽しんでいます。

マネルのレッスンではアメリカのトークショー番組が題材になりました。出演はトムクルーズです。話の内容は簡単なのにエクスプレッションが多くて聞き取ることができません。初めての言い回しが多くて聞き取ることは難しいのですが、答えを教えてもらうとすぐに聞き取れるようになります。彼女の狙いは多くのエクスプレッションを僕の耳に残してアメリカに行った時に役立つようにしてくれているのです。

カレンのレッスンはもう少しで復習が終わります。以前単語は増え続けていますがあと半月でなんとかマスターしたいものです。マインドマップの作成も急がないといけないのですが最近忙しくて進みません。

GWに入り多くの生徒さんが来ました。折しもフィリピンの国民的英雄であるマニー・パッキャオのボクシングの試合があるのでみんなで観戦しに行く手配をしたり、早朝マーケットの見学ツアーを企画したりして大忙しです。交渉や予約などを英語でやっているのでいい練習にはなっています。実際に使ってみると面白くなるし、達成感を味わうことができるのでまんざらでもないのですが時間が足りなくなるのが難点です。

最近、EBに来る方にブログを書いてますよねと聞かれることが何回かあってちょっとドキリとしてしまいます。学校を決める決め手の一つと言われたりすると逃げ出したくなりますが、少しでも役に立っているんだと思うと嬉しくなります。あと半月、毎日更新を半年続ける目標はなんとかできそうです。たまに遅れもありましたがちょっとおまけを自分にしてしまいます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です