フィリピン留学 武者修行編 やっぱり玉砕でも安心しました。 Day 7 Thank you Manel

imageオートバイを借りて街にやってきました。ド派手なオネーチャンを連れたアメリカ人がたくさんいます。昼間からバーで飲んでいるオッサンやカフェで暇を弄ぶアメリカ人があふれています。彼らの目的はひとつ夜の馬鹿騒ぎです。4時を少し過ぎましたが以前として暑く、やる気を無くさせます。短パンにTシャツ、サングラスの人の良さそうなアメリカ人を探します。一言二言は話せますがなかなかインタビューに応じてくれません。こんな街で東洋人がインタビューするのは相当に怪しまれるのでしょう。

仕方がないので、話だけにとどめます。彼らの話の速いこと速いこと、ついていけません。話し方がテキストと違うんです。日常会話の壁が立ちふさがります。話の話題が次々に飛んで行きます。あっという間に往生して立ち去ることになりました。

image

image

image

 

 

 

でも、僕は安心したんです。僕の力はまだまだこんなものなんだということを認識できたからです。確かにネイティブ以外の人たちとは会話が成立します。彼らもまた僕と同じように教科書通りの英語を使うからです。彼らと話すときは僕は自分の成長を如実に感じますが、ネイティブと話せばコテンパンにやられてしまいます。それにしてもアメリカ人の口の大きいこと、ガバーっと口を開けて顔を近づけて感情たっぷりに話します。手振り身振りを合わせて人の顔を覗き込む勢いです。”あひゃーやっちったよ”と後悔しても後の祭り。でもボロボロになりながらもそれを伝えると彼らは満足そうにうなずくのです。

imageimage

image

 

 

果たして僕の目的は達成しました。自分の位置がわかりました。何をするべきかもわかりました。あとは1ヶ月頑張るだけです。会話に出てくる単語はかなり聞き覚えのあるものばかりです。きちんと覚えきればなんとかなりそうです。耳はネイティブの発音を聞き取っています。聞き取れないところありますが聞きなおすこともできます。英語日記をつけることは文章作成のやり方の勉強になりました。はじめは自信がありませんでした。2時間3時間もかかります。昨日はついに完成させることができませんでした。少しネガティブな話だったからです。
あとは話せるようにするためにトレーニングが必要です。もうここに用はありません。存分に楽しみ休息を取ることができました。フィリピンに帰って勉強に集中できます。

imageimageimage

 

 

 

 

この1週間は、のんびりと浜辺で勉強をしながらこれまでのまとめもできました。やりたかったことの半分ほどしかできませんでしたがそんなものでしょう。不安は吹っ切れました。明日、バンコクに戻って明後日にはフィリピンです。

imageimageimage

 

 

 

 

 

Day 7 Thank you Manel

I didn’t think that I could write a long sentence. I need three hours for finish writing these diary every day. But it be practicing very good for me. I challenged that I used some new grammar.
It is difficult for me to write my opinion in English. I worry about that especially the diary of the sixth day might be misunderstood by reader, but it’s kind of my challenge that I wrote it.
I could understand myself on this trip. I still had many problems, but could find the method to solve it. I’ll come back to the Philippines. I’m looking forward to study English very much.
I thank for Manel.

Pocket
LINEで送る

フィリピン留学 武者修行編 やっぱり玉砕でも安心しました。 Day 7 Thank you Manel」への1件のフィードバック

  1. Manel

    You’re welcome Hidesan! Glad that you’re coming back! Have a safe flight!

    Day 7 Thank you Manel

    I didn’t think that I could write a long sentence. I need three hours to finish writing this diary every day. But this is a very good practice for me. I challenged myself by using new expressions with correct grammar.
    It is difficult for me to write my opinion in English. I worry about that especially my diary about my sixth day as it might be misunderstood by the readers, but it’s kind of my challenge that I wrote it.
    I could understand myself on this trip. I still had many problems, but could find the method to solve it. I’ll come back to the Philippines. I’m looking forward to study English very much.
    I thank you Manel.

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です