フィリピン留学16週目 恥ずかしい添削結果とエイプリルフールの巻

先日のブログにあげた、先生へのテキスト添削してもらいました。英語ができる人であれば「あーぁ、こんな間違えちゃって、よくこんな記事を平気でのせてるなぁ」と呆れているでしょう。それはよくわかっているのです。正直とても恥ずかしいのです。特に知らない日本人に見られていると思うとお尻の下がムズムズとし始め、ゾワワワァと背中に何かが這い上がってくるのです。

でも、あえてこっぱずかしい記事をあげています。英語初心者にとってはこんなことが心配ごとになるのです。この4ヶ月間で随分と話せるようになったと天狗になっていても所詮僕の実力はこの程度です。それでも僕は会話ができています。たくさんの間違いを毎日毎日繰り返して、少しずつ前進しているのです。語学の道は恥ずかしさと不安に満ち満ちています。でもそれは楽しいことでもあるのです。
アリス、マネルに添削してもらいました。文法的には間違っているわと彼らはにっこりしながら間違った箇所を教えてくれました。
Hello po!
I have a bad headache. I don’t know where does it come from.
「does はいらないわ、質問じゃないから」
「I don’t knowの後は”how I got it”と書いた方がいいわね」

I took a tab but still bad. I want to absent myself lessons today. Sorry.
「誰がまだ悪いの?but の後にI still feel but かとか入れないとね」
「tab じゃなくてpillと書いた方がいいわ」
「absent from our class todayと私なら書くわ」

Thanks and sorry. I only have headache. I can’t adjust to temperature or season I guess.
I’m waiting and watching myself, maybe I’m okay.

I’m waiting to improve my condition だね、それからmaybe I’m okayじゃなくてI’ll be okayと言うのよ」

などなど手厳しい指摘を数々いただき全部覚えきることができません。最後に「でも、あなたの言っていることはわかったわ」「もう少し勉強が必要ね」とやっと解放されました。
どの単語をどのように使えばいいのかまだまだ勉強が必要なようです。それでもたった一つのテキストをここまで教えてくれるのは本当にためになっているなぁと感じます。

今日は4月1日です。僕は先生たちにFacebook上で嘘をつきました。

私の嘘は以下の通りです。

日本政府はフィリピン人の渡航VISAの発給をすることを決定しまいた。また彼らの英語能力の高さから日本の学校で教鞭をとらせることを検討しています。これは週明けにも正式に発表されるでしょう。僕はこれを受けて日本に語学学校の設立を決めました。すべてのすべての講師をフィリピン人にして、住居の提供、年3回の帰国用チケットの提供、週300ドルの給与提示します。
私は両国間の友好が4月1日以降も続くことを願います。この文だけは嘘ではありません。

The Japanese Government already decides the issuance of VISA for the Filipino and is going to announce it in next week.
The Japanese Government appreciates Filipino English again, and it pushes forward examination to leave the class in the public school.

In response to this announcement and I established an English conversation school today in Japan. All the teachers employ a Filipino. I provide all the house to the teachers . And I offer an airline ticket for three times a year of return The Philippines . I pay a salary of 300 dollars a week and two times a year of bonus.

I believe that the friendship between the two countries continues after April 1. Only this is not a lie.

こんなことが本当になればきっといいことが起きそうな予感がします。すでに世界はインターネットでつながってしまいました。国境がなくなり言語の壁も消えつつあります。もはや地球上に距離を感じなくなっています。同様に現実の世界でもそうなりつつある国も散在しています。いつか日本人が海外で外国人が日本で自由に働けるような世界が来ればいいのにと思いました。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です