フィリピン留学14週目 学校をどうするかの巻

学校選びについてとても迷っています。自分の考えを整理する必要があります。

フィリピン留学にあたって学校選びは非常に重要な要素でした。生活環境、学校の特徴、先生などなどです。幸い良い学校をいくつか紹介してもらうことができました。僕は当初、幾つかの学校をまわる予定でした。環境の変化、多くの経験、モチベーションの維持が理由です。

環境の変化が必要な理由は2つです。
・様々な学習法に触れることで多様な刺激を受けられます。結果、高い学習効果が望めます。
・特徴ある学校、教え方のうまい先生に習うことは短期間の学習において非常に有効です。

多くの経験が成長を促します。
・ 人はそれぞれ話し方が違うように様々な英語に触れることはとても大切なことです。
・ より多くの人と触れ合うことは英語を使う機会を増やします。

モチベーションの維持は多くの方が触れている留学における大切なことです。
・ 多くの留学生は数ヶ月でモチベーションの低下があると言われます。学校を変えることで新鮮な気持ちを維持できます。
現在、僕が考えているのは現在2つです。環境の変化と多くの経験です。
環境の変化ではグループレッスンを受けたいと思っています。多くの人の中で自分の意見を言うことはレスポンスの向上に役立つと考えています。また人の英語に触れることで話し方の幅を広げられる可能性があります。他には文法を学ぶことが考えられますが、専門的にレッスンを受けるよりは学習の中でそのつど覚えって言った方が自分に合っていそうです。

次に多くの経験の意味するところを考えます。
多くの学校をまわるメリットは非常にありそうです。中谷さんがあれだけ英語がうまくなった理由の一つはたくさんの人と話す機会あったことは容易に想像がつきます。彼のコミニュケーション能力は言語の枠を超えて高いものがあります(僕はとても羨ましく・・嫉妬しています)。人には喋り方の癖があります。日常会話をする上で話し言葉に触れる機会を増やすことができそうです。

モチベーションについては、僕はまったく低下していません。それどころか楽しくて仕方ありません。同じ文を何回も読むことが苦痛になりません。1日中ベルトコンベアーの前に立って流れてくるサンドイッチにピクルスを挟み続ける仕事でも楽しめそうです。

時間の制約について考えます。
新しい場所、先生、レッスンを受けるメリットはかなりあるでしょう。ところが気がつけば僕には2ヶ月しか時間がありません。EBにはあと一月ですので実質1ヶ月です。そこで時間の制約と2つの要望を天秤にかけてみることにします。

短期で留学される生徒さんは先生と相互理解が進んだところで帰国しなければなりません。レッスンも初めのうちは自己紹介やスキルの探り合いになってしまうので学習効果を考えると得策ではないような感じです。自己紹介はかなりうまくなるでしょうがそれは僕にとって魅力ではありません。中にはストイックな方もいらっしゃってすぐにレッスンを始められる方もいますが、僕にはそこまでの自分のことを正確に伝える語力がありません。数日間の準備期間が必要になりそうです。

グループレッスンは大きな魅力です。多くの人から話し方を学べるいい機会となるでしょう。残念なことにEBにはグループレッスンはありません。マンツーマンでのレッスンを売りにしているのですから当然でしょう。新しい学校に行った際の面倒くささは残りますがそれでも魅力は劣りません。問題は僕の実力です。当然複数の生徒が一堂に会するので生徒のレベルによりレッスンの良し悪しは左右されます。こればかりは行ってみないとわかりません。そこでいいレッスンにめぐり合えれば最高ですがもしダメだった場合は1ヶ月の効果が半減してしまうでしょう。

学校をいくつか調べてみました。僕の要望に合いそうな学校はフィリピンには2つほどありましたが時間的リスクを冒してまで転校するメリットはなさそうでした。行っていない学校のことなので詳しくはわかりません。そう考えた理由は、僕は今、明確に自分に必要なレッスンのイメージを持っています。何を勉強したいのか、どのように勉強したいのかが非常にクリアになっています。それに合致するかどうかを自分で判断することができるようになりつつあります。まちがっているかもしれませんが・・・。

他の国ではどうかと考えました。マレーシア留学の検討を中谷さんからいただきました。これは非常に魅力的です。またカナダのことも調べました。カナダはネイティブですし旅のスタート地でもあることから魅力はありますがあまりにも不確定なことが多いので断念です。残り1ヶ月を有効に過ごすための選択肢としてこの学校に残ることも考えます。この学校にないのはグループレッスンです。今のところ他に不満な要素がありません。先生たちとの関係も良好で環境面でも充実しています。ちょうどテキストも終わりが見えてきているのでレッスンの方法を変更することで環境を変えることと同じ効果を得ることができるでしょう。

マレーシア留学とここに残って続ける選択肢が残りました。マレーシアに行ってグループレッスンと新しい環境に身を置くか。それとも。ここに残ってゲループレッスンに匹敵する勉強方法を見つけるかです。

時間的にはフィリピンに残ることがいいでしょう。経験値でいけばマレーシアです。

今後、英語のレッスンを受けることができなくなる僕には時間が一番貴重だと判断しました。この決断の良し悪しはわかりません。でも自分が納得いくまで考えた結果ですからヨシとします。

早速、次のプランを考えなくてはいけません。

Pocket
LINEで送る

フィリピン留学14週目 学校をどうするかの巻」への2件のフィードバック

  1. 中谷よしふみ

    僕はそんなに英語上手じゃないですよ(笑)。僕の場合は、適当に喋ってますからね。もう辻さんのほうが喋れると思います。英文見てても、知らない単語とか言い回しあるので、たまにブログを見ると勉強になりますw。

    前も言いましたが、辻さんはネガティブなことを言うタイプでもないし、どこにいってもベストを尽くすタイプなので、本心は掴みにくいです。なので、僕から何か出しゃばったことはせず、何か連絡があった時に考えをお伝えする感じがよいかなと思ってます。引き続き頑張って下さいー。

    返信
    1. HIDEKI 投稿作成者

      中谷さん
      ネガティブな部分もあるんですよ。でも困った時ほど次の展望が見えてきたりすることって多くないですか?僕は今、とっても困っているんです。それを楽しんでみたいと思っています。社会経験もありそれなりのスキルもあると思っているのにこんな誰でも喋れる英語がこんなに難しいなんて面白いですよね。1月から12月までをスラスラ言えなかったりスペルを間違えたりするなんてまるで小学生にでもなった気分です。そんな失敗を笑って楽しめるようになったのは先生たちのおかげです。僕はこの国の英語に賭けてみたいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です