フィリピン留学14週目 緊張を解く方法をみつけたぜ!の巻

image以前書いたWhat the different~~~のセンテンスがうまく言えないまま14週目に突入しました。苦手意識が強く働きすぎて益々ドツボにはまってしまう悪循環になっていました。今日はカレンがお休みしたのでマネルがサブティーチャーをしてくれました。チャンスと見てカランにフォーカスします。しかし、思うようにレッスンが進みません。1時間を捨てる覚悟で話し合いをしました。彼女は僕の不調の原因の一端を作っているのではないかと心配しています。僕は彼女の教えにうまく応えることができず悩んでいます。少しモヤモヤを残したままでレッスンを再開しました。

苦手なセンテンスに絞って練習を繰り返します。リラックスを心がけようとしてもどうしても体に力が入ってしまいます。手のひらに人、人、人と書いて飲み込んでもまったく役に立ちません。益々体に力が入ってきます。たまらずにベットに置いてあるまくらに手を伸ばしてぎゅーっとしてしまいました。突然だったのでマネルはキョトンとして大笑いです。でもその時どうせ力が入ってしまうなら思いっきり力んでみようとに思い立ちました。サエコさんから借りたバランスボールを抱えます。思いっきり両腕に力を入れます。喋り出す直前に力を抜くと緊張が緩んでくれました。

口がスムーズに動き出しました。これまで言えなかったセンテンスはまだ不十分ですがようやく言い切ることができるようになりました。ボールを両手に抱えたままレッスンを続けます。マネルはどうしてそんなことをすると喋れるようになるのと言いますが、うまく説明できませんしせっかくみつけたいい方法をやめるわけにはいかないので構わず続けます。マネルも次第にうまく言えるようになるのでそのままレッスンを続けます。

緊張はパフォーマンスを妨げます。無駄な力を抜くために自分をコントロールするのは非常に難しいのです。でも筋肉は強い緊張に長時間耐えられません。そこでしゃべる直前まで思い切り力むことで身体的な緊張を維持できないようしてしまえば、意識的にコントロールできない緊張をほぐすことができることを思い出しました。とても人様に見せられるようなレッスンではありませんがともあれこれで苦手克服の第一歩を踏み出すことができました。レッスンが終わってもマネルは「へんなの」と言った顔をしていましたがいい形で終われたことにホッとしたようです。

切羽詰まると人はとんでも無いことをしますが、まさか自分がこんなこっぱずかしいことをするなんて思いもしませんでした。
アリスとのレッスンでは長文に挑戦です。これまで習ったアメリカンアクセントをフルに使って完璧を目指そうと決めました。目標ができたことでやるべきことが明確になりました。
どうやら今週はいいスタートを切ることができました。

Pocket
LINEで送る

フィリピン留学14週目 緊張を解く方法をみつけたぜ!の巻」への2件のフィードバック

  1. Tommy

    こんにちは、フィリピン留学を検討中のもので、調べ物してるうちに中谷さんの事を知りこちらにたどり着きました。私は年齢的にも金銭的に余裕がなく、焦燥感にかられてました。留学は二十代まででないと意味がないのか、と。
    でも、ブログを通してですが、こうして毎日葛藤しながらも前進されてる姿を見ていると、自分も頑張ってみようと思います。
    異国の地、慣れない環境で大変だと思いますし、時にはダークサイドに落ちそうになるかもしれないですが頑張ってください!日本から応援しています。

    返信
    1. HIDEKI 投稿作成者

      こんにちは Tommyさま
      Thank you for your comment. This is just in my expectation. I’ve been practicing English for a while now. At first it was kind of hard to keep track of all subject and pronunciation. I had no idea there was so much to learn. I’ve been practicing and studying with my teachers.It’s somewhat easier to memorize some of the word and grammar but it’s difficult to know how I study English.
      One of the hardest things for me is speak fluent and make quick response. When I heard my voice from recorder it’s totally different from another students and teachers. But I think I’m getting better recently. I just keep practicing every day. I try to maiking sound that more and more like a native speaker. It makes it all worthwhile. I won’t stop practicing.

      It is not because things are difficult that we don’t dare
      It is because we do not dare that things are difficult.

      自分の感想です。4ヶ月前なら辞書を見ながらでも書くことはできなかったでしょう。勉強を始めるのに遅すぎることはないと思います。ほんのすこしだけ若い人より時間がかかるかもしれませんが。ぜひぜひ頑張ってください。フィリピンから応援します。

      最後にブログを見ていただきありがとうございます。こうしてコメントをいただけると非常に励みになります。続けてきてよかったと思うことができました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です