フィリピン留学13週目 先生が考える日本人留学生にとって大切な3つのことの巻

imageレッスンに先立って先生に土曜日のことを振り返ってもらいました。多くの日本人留学生を見てきた先生からみたアドバイスを下さいとお願いしました。留学生の性格により違いはあると思いますが、先生が感じることを率直に3つのTIPとして挙げてもらいます。

 

 

Please give us three tips.
What traits must you have as a study if you want to learn English in The Philippines?
フィリピンで英語を学ぶにあたって大切なことを3つ挙げるとした何ですか?

Teacher Karen

CONFIDENCE/COURAGE   自信と勇気
まず、挙げられたことは自信です。自分のやってきたことに自信を持つことが大切だとカレンは語ってくれました。日本人は真面目なのでしっかり勉強していると彼女は言います。でも物怖じしてしまい学んだことを使っていない、もっと外に出て使うことが大切だと言ってくれました。

INTEREST    興味または関心
次に興味を持つことを挙げてくれました。何にでも興味を持つことが学びの幅を広げるのを助けてくれると彼女は言います。単語にしろセンテンスにしろ知りたいという欲求が関連付けを助けてくれるといいます。出かけた先でも気になったことを人に訊ねたりすれば同じことに興味を持った人と共通の話題で話すことは英語学習を楽しくするコツだと言います。

APPLICATION/PRACTICE  適応と練習
最後にあげたのは適応でした。彼女は英語は心で感じるものだと常々言います。困った時は自分の心に従いなさいとアドバイスをくれました。英語に適応するための練習をするように彼女は言います。また彼女は暗記は必要無いと言い切ります。

この言葉をあげた後、彼女はこう付け加えました。「自信と信頼は興味につながり、興味は学習意欲を促し、学習は自信と勇気をもたらすのよ」と3つの単語を線で結びました。まるでPDCAを英語に当てはめたようなアドバイスにちょっと驚きました。

Teacher Aris

OPEN MINDEDNESS 心だて
彼はまず、心を開きなさいと言います。何かを恐れ心を閉ざしてしまうことは英語学習にとってはネガティブな結果しかもたらさないと彼は言います。「心を開いて話すことで人はあなたを理解するの、彼らはきっとそんなあなたを助けるわ。なんでも聞いてくれれば私たちはその手助けをする術を知っているから」と言ってニッコリと笑います。

CREATIVE 創意
「new idea for you」と彼は言いました。「英語を学ぶ方法は教室だけではないの。あらゆる場所にあるのだから外に出て人と話しなさい。こはフィリピンよ、人は英語を話すわ。彼らとの会話はきっとあなたの会話力を向上させるから、店に買い物でも、道を聞いてもいいの。コツはシンプルに自分のイメージを伝えることよ。時に伝わらないことがあっても聞き返せばいいのよ」と言いました。

RESOURCEFUL 工夫機転
「talk, watch TV find different way」とシンプルに言います。人と話しているとき、テレビのタレントの言い回しにとてもヒントがあるのよ。世代ごとに違う言葉や、流行りの言葉があるの、そうした会話はテキストからでは学べないわ、多くの言い回しを覚えることは困った時の助けになるのよ」とアメリカに住む彼の従兄弟を例にとって話してくれました。

彼は最後に3回同じ言葉を繰り返しました。
「How will you know if you don’t try. How will you know if you don’t try. How will you know if you don’t try.」
でしょ?ヒデさーん。とても彼、彼女?らしいなぁと思いました。
今日のレッスン
少し疲れ気味のスタートとなりました。頭が完全に拒否しているのがわかります。英語が言葉として入ってきません。口から言葉を発することができません。稀にこんな状態になります。特に調子がいい時の後に起こることが多いような気がします。調子に乗って多くを詰め込みすぎると脳が混乱してしまうのでしょうか?メモリー不足は否めません。

それでも今は無理矢理にでも詰め込む時です。カランのレッスンで苦手を言い切るまで。アメリカンアクセントのイントネーションのコツをつかむまでは諦めるわけにはいきません。今週はこの二つをクリアすることが目標です。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です