フィリピン留学11週目 家族旅行のように楽しんでしまいましたの巻

imageimage今日は、さやかさん、ともさん、あやさんに誘われてタガイタイにワンデイトリップです。朝早く出かけバスでタガイタイに向かいました。

 

 

imageimageimage

 

 

 

 

街でトライシクルに乗り換えて湖に降りて行きます。風が高原のように涼しく、フィリピンの避暑地と呼ばれる訳がわかります。

湖のほとりでボートをチャーターしようとしますが随分とふっかけられました。交渉を続け妥当な値段に下げます。全員が英語を理解しているので心強いものがあります。

 

imageimageimage

 

 

 

 

彼らも最後には諦めたようです。ひさしぶりのボートは気持ち良かったです。島に渡りハイキング開始です。ここでもしつこくガイドを雇わないと道に迷うとか色々言ってきますが「いらないよ、GPSがあるから」と断ります。日本人だと甘く見られていたのかもしれませんがこちらの英語力は4人合わせれば無敵です。
ハイキングはカルデラ湖まで1時間ほどかけてゆっくりと登ります。日差しが強くすっかり日に焼けてしまいました。頂上からのカルデラ湖の眺めも良く、ココナツジュースを飲みながら居合わせたドイツ人たちと会話をしてみます。あやちゃんは「かっこいい」と言ってご満悦です。ドイツの話や東京の話をひとしきりして下山します。

imageimageimage

 

 

 

 

ランチは湖を一望できるおしゃれなレストランで食べました。お腹が空いていたのでみんなモリモリ食べます。眺めも良くサイコーのランチでした。ここでのジュースはライプマンゴーシェイク、スイカシェイク、完熟マンゴーシェイクとハロハロを頼みました。どれもとても美味しくてびっくりです。

image

imageimage

 

 

 

 

ともさんのたっての希望で養蜂場にコスメを買いに行きました。とっても静かな小道を歩いて行きます。子供の頃、夏休みに歩いた田舎道のような懐かしさが溢れます。僕は日焼けで肌がガサガサなので乳液と喉を潤すスプレー、蜂蜜を少し買いました。

image

imageimage

 

 

 

 

imageimageimage

 

 

 

 

 

imageimageimage

 

 

 

 

帰りはマカティーのグリーンベルトに向かいます。ここは東京のように綺麗な街でとってもおしゃれなレストランが立ち並びます。せっかくなので夕食を食べることにしました。女性陣は疲れも吹っ飛んだかのように目を輝かせてレストラン選びに夢中です。パスタとピザを食べることにしました。ちょっと頼みすぎてしまいましたが、大盛りのご飯を目の前にすると幸せな気分になれます。

imageimageひとしきり食事を楽しんでタクシーで帰ってきました。

まるで家族旅行のように楽しい1日でした。お父さんお母さん、しっかり者の長女に悩み多き次女といった構成です。どこにいっても家族かと聞かれるのでそうだと応えていました。まるで夢のような1日でした。全員が英語ができるなんて素敵な家族だと思いませんか?これからお父さんはカナダへ、お母さんはイギリスへ、長女はインド、次女はオーストラリアに旅立ちます。またいつかみんなで家族旅行をしたいですね。

絵葉書メンバーに次女のあやちゃんが加わってくれました。

明日から12週目に突入です。たっぷり充電できたので張り切っていきます。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です