フィリピン留学9週目 どこから来たの?とぼったくりについて考えた後編の巻

観光地でのぼったくりについてもちょっと面白いことがありました。
トライシクルの運転手は通常の3倍から4倍の額をふっかけてきます。僕にとっては交渉ごとも旅の楽しみの一つですが、現地価格よりは高い金額で成立させるようにしています。理由は僕ら日本人は現地の人たちから見たらものすごいお金持ちです。自分たちが一生働いても手にできないようなものを持っていて、毎食のように彼らの1週間分の食事代に当たるようなご馳走を食べます。彼等からすればとってもお金持ちの外国人からなら多少もらってもいいだろうと考えるのは当然でしょう。

僕らからするとちょっとしゃくに障ります。ある時、僕からぼったくった運転手を見かけました。ちょうどバイクに乗ってアテもなく散歩していた僕は彼を観察することにしました。白人を乗せた彼のトライシクルがホテルに到着します。いつものようにちょっとだけ多めに請求したようです。彼は来た道を戻ります。途中、子供、おばあさん、妊婦などが彼を止めます。短い距離でも彼はイヤがりもせずに彼らを乗せてあげていました。降りるときも金を受け取っていないように見えます。

翌日、あらかじめ聞いておいた彼の携帯に電話をします。彼はすぐに来ました。値段交渉をしないでいきなり乗ります。街に行き、ビーチに連れていってもらいました。街で彼はちょっと行くところがあるけどいいか?と聞いて来ました。なにやら豆の入った袋を持っています。僕はいいよと答えました。彼は結構な遠回りをして持っていた豆の袋を民家に届けました。ビーチに到着して彼と少し話しをしました。まずは料金、やはり法外な値段を言ってきます。とはいってもすごく安いのですが通常の4倍ほどです。僕は承知しました。そして先日彼を見たことを告げました。彼は女、子供はタダで乗せてやっていること、街から離れて暮らす人には配達をしてやっていることなどを聞かせてくれました。すべてが彼のような人間だとは思いませんし、彼の話には小さな嘘が含まれているかもしれません。でもこうした地域での助け合いがあるのであれば多少ぼられても頭にはきません。彼らなりの知恵なのでしょう。

帰る日、彼に電話をして迎えに来てもらいます。今回も何も言わずに乗りました。前回は150ペソを請求された道で帰りは75ペソでした。これは通常の2倍弱です。そしてもしシティーまで帰るならタクシーを1000ペソで紹介してやると遠慮がちに言ってきます。僕はもしお前なら乗るかい?と訊ねると彼はにっこりと笑って首を振りました。そして彼は街に着くとFXタクシーを教えてくれました。僕は100ペソで3時間も乗ることができました。

都会の乗り物ではこうはいきません。当然喧嘩になることもあります。そんな時は日本語で思いっきり怒ります。嫌な思いもすることがあります。でも自分の見方や感じ方を決めつけてしまわないで考えることは楽しいことでもあります。
こうしたことができるようになってきたのもやはり旅のツールである英語を身につけ始めたからです。言葉を使ってコミュニケーションをとることを会話と言います。言葉を使わずにコミュニケーションをとることをジェスチャーと言います。言葉があろうとなかろうと僕らはコミュニケーションをとることができますが、僕は会話を選びました。

Pocket
LINEで送る

フィリピン留学9週目 どこから来たの?とぼったくりについて考えた後編の巻」への3件のフィードバック

  1. あおき

    最近お店が免税店になって、海外のお客様がかなり増えてます。
    ほとんど日本ブランド目当ての台湾の方ですが。
    前から思っていたんですが、日本は基本値段交渉ってあまりないじゃないですか。
    もう決まった価格に対して買う側が買うかどうか決めるという感じ。
    それに慣れているので、外国の方の感覚にいつも戸惑います。
    私は交渉とか面倒なので嫌だなあと思ってしまいます。
    でもそれが普通の国の人からしたら、日本のこういうシステムは嫌なものなのでしょうか。。
    辻さんはどう思いますか?

    返信
    1. HIDEKI 投稿作成者

      あおきさん
      面白いですねー。確かに最近の日本では値段交渉がありませんね、でも昔はみんながしていたんですよ。
      あおきさん、日本ってなんでもものすごく安いんですよ、台湾や中国では同じものが倍近い値段で売られていることがあります。だから自信を持って「うちはあなたの国に比べて安いですよね、これが日本の値段なんです。日本人は価格でも正直なんですよ」と自信を持って言えると思います。
      海外の人はとりあえず言ってみようと思っているだけです。彼らは日本での買い物をとっても楽しんでいるんです。値段交渉を断っても彼らは嫌な思いはしませんよ。彼らは得感を感じています。絶対です!

      返信
      1. あおき

        そーなんですか!
        日本の物価が安いなんて知らなかった・・。
        中国とかのが安いんだと思ってました。
        安くともクォリティの問題なんでしょうか。
        確かに、旅行者の方達は買い物楽しんでますね。
        そういう楽しみ方もあるんだなあ

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です