フィリピン留学8週目 郵便局にいくの巻

imageついに郵便局に行けることになりました。カレンがフィリピン大学の中に綺麗な郵便局があるからそこにしましょうと誘ってくれました。ジプニーを乗り継いで向かいます。ジプニーではタガログ語を習って行き先を告げます。運転手に場所を告げます。バスの中では手渡しでお金を運転手に送ります。二人と言って20ペソを出しました。二人は”ダラワ”と言います。ちなみに一人はサラ、3人ならタッロ(小さくトが入ります)です。停めて欲しいところでパラポといえば降りるまで待ってくれます。

フィリピン大学はとても大きなキャンパスで緑も多く快適な学校のようです。ここは日本で言えば東大のような大学です。生徒さんも皆頭が良さそうです。郵便局の場所がわからなかったので学生さんに英語で聞いてみました。親切に教えてくれます。僕の英語がスムーズに通じて、学生さんの言うことも明瞭に聞くことができたのはちょっとした驚きでした。

郵便局に着きました。

imageimage郵便局に行った後、カレンがおしゃれなレストランに誘ってくれました。安くて美味しいランチをこんなかわいらしい先生と一緒にできてちょっと浮かれてしましました。フィリピン料理の評判はあまり良くありませんが、カレンはそれが少し悲しいと言っていました。「本当はとっても美味しいのがたくさんあるの」と言っていました。また違う機会にフィリピン料理を楽しんでみたいと思います。

 

今日はショーンズレッスンもあります。

聞き取りはやはり文法的な問題が立ちはだかりますが、前よりはマシになっていると言い聞かせます。珍しく書き取りも惜しいところまで行きました。自分の良いところを見つけながらモチベーションを維持していきます。

Pocket
LINEで送る

フィリピン留学8週目 郵便局にいくの巻」への2件のフィードバック

  1. あおき

    カレンさんはとてもキュートですね!
    辻さんもニヤけてるわけですw
    しかしお元気そうで何よりです。寒いいまの日本と違った解放的な気候が伝わってきます。

    返信
    1. HIDEKI 投稿作成者

      あおきさん
      とても明るくて可愛い先生です。でもすごく努力家です。若いのに様々なアプローチ方を知っていてレッスンではハッとすることもしばしばです。こんな可愛い先生と愉快な会話が切れ目なく続けられるようにがんばっております。決して邪な考えはございません(ニッ)
      こちらはあとひと月ほどで夏になります。日に日に日中の暑さが増してきました。空気が塊のように感じます。
      日本はとても寒いと聞いておりますのでお風邪など召されぬように…..なんて雪女には無用の心配ですね コメントありがとう

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です